sadness-513527_960_720

なぜあなたの瞑想がスランプに陥ってしまったのか!?


深い瞑想状態に入れない人やスランプに陥った人は必ず原因があります。
修行が足りないからか?
それは確かにそうでしょう。
しかし成功体験(瞑想状態に入ること)が逆に瞑想の進化を遠ざけてしまう危険性があるのです。

だから、瞑想はとても難しく、道に迷いやすいのです。
そして、瞑想をやっていなかったら、別のことでいくらでも時間を有効利用できたのに、無駄に浪費していくのです。
瞑想をやった分だけ機会損失が発生してしまうことになります。

そして、もっと怖いのが、瞑想で挫折したことで、自分の内面を根本的に変化/改善させる手段を失ってしまうことです。
それなら、まだ瞑想に夢や希望を抱いていた時期のほうが良かったかもしれません。
なおさら、何故瞑想に入れないのか気づくことが大事になってきます。


『意図、スケベ根性、願望、知恵、理性、自意識』は、瞑想の障害となります。
小賢しい知恵ほど感覚を閉ざし、より雑念だけが増幅してしまうのです。
しかし、これらをなくした人間は逆に人間味がない。

では、非人間的になることが瞑想の達人への道なのか?
それは否です。
私達は山奥に篭もりっきりで生きて入られません。
仙人生活は現実的にできません。
私も医師という職業がありますし、様々な良くも悪くも人間的、社会的な生活にどっぷり使っています。

では、どう折り合いをつけたらいいのでしょう?
別に小細工を使って知恵を使ってもあれこれ考えて瞑想をやってもいいと思います。
『だって人間だもの』というわけです。
しかし、そこからが肝心です。

そういう下手な思考、小賢しい知恵を使って瞑想を深めようという自分に気づくことです。
そして呆れてください。
これじゃダメだと。
そして認め受け入れた上で瞑想を続けましょう。

そこからが真の瞑想の出発地点に立てます。
そして捨ててください。
何もないものを最初から捨てることはできません。
知恵、理性、小細工、意図、スケベ根性、見返りを求める心は起きても構いません。
そういう人間だから瞑想に興味を持っているとも言えるのですから。

そしてしっかりそれらを持つ私自身を認識して、よく岩波先生が言われる言葉を借りれば「どうでもいい、それがどうした、いくらでも(雑念など)かかってこいよ、それで俺はいくぞ、かってになってろ」という気持ちになること。
それが一番の超瞑想状態への近道です。

これも気づくことです。
また小賢しい知恵を使ってしまっておる俺がいるなと気づく。
そして捨ててください。

この繰り返しです。
これができれば、更に次の高い段階に足を踏み入れることができます。
しかし、ここで気づかないと一生同じ場所を行ったり来たりで、時々ホームランを打つけれど、アベレージの低い凡打者になるか、鳴かず飛ばずで瞑想自体が苦痛になってフェードアウトしてしまいます。

人はどうしても近道をしてしまいます。
それが小賢しい知恵、スケベ根性につながります。
どうしても意図が入って、むりやり瞑想状態に入ろうとしてしまうのです。
それが思考も脳も体も硬直化させて、窮屈な状態で瞑想を行うようになってしまう。
しまいには焦りと不安に飲み込まれてしまいます。

つまり『捨てる』ことができるものが真に拾いものがある人になれると思います。
捨てることは、体からも心からも重荷がなくなることにつながります。
一番理想な超瞑想状態に自分で入れる形になれます。


先に成功体験が瞑想を遠ざけてしまうことについて書きましたが、それについて述べていきたいと思います。
一度捨てることができて、瞑想を深く味わえます。
瞑想の素晴らしさを体験し、今までやってきたことの見返りを存分に味わえるでしょう。
それが次なる失敗の始まりです。
これを今後ずっと維持しようとしてしまいます。

私達はどこまで行っても煩悩たっぷり人間ですから成功体験に味をしめて、次やった時はもっと深く入ってやろうとしてしまいます。
あるいはもっと楽に入ってやろうとしてしまいます。
スケベ根性です。
そして意図を持って取り組んでしまうことになります。
いつの間にかそうなっている自分に気づかず、小賢しい知恵を使ってしまっているのです。

私達が瞑想をやるということは多分に意図を含んでいます。
願望も欲望もあるからやります。
これは消せない事実です。
欲望にとらわれている自分が嫌で、そこから抜け出すためにやる人もいますが、結局はそれも願望であり欲望です。
この矛盾の堂々巡りから抜け出すには、『捨てられる』人間になることです。

断捨離というものが一時流行りましたが、人生全てにおいて重要な事だと思います。
知恵も理性も捨てられる人間こそが、岩波先生の仰る本当の理性と知恵を発揮できる人間になれるでしょう。
知恵も理性も限界がありますが、捨てられる人間には限界はないのです。


これらは私がずっと瞑想がうまくいかなかった原因でもあります。
そこからつかめたことです。
瞑想で人生を大きくロスしないために、私の経験を活用してください。