超瞑想状態の劇的効果を体験した医師の脳覚醒ブログ 世界最強の瞑想誘導家岩波英知体験談

超瞑想体験、トランス状態(脳覚醒状態)の体験記を主に書いている医師(佐藤直樹)のブログです。 瞑想を中途半端にやってしまうととても危険です。 やるからには、超瞑想状態になるまでやらなければいけません。 この世には瞑想状態をはるかに超えた想像を絶する超瞑想状態(覚醒瞑想)があるのを知っていますか? その摩訶不思議で神秘的で衝撃的な体験(至福体験・恍惚体感)をブログに掲載したいと思います。 この超瞑想状態になれば、あらゆる可能性が開けることが実感できます。ホントに。 超瞑想状態や脳覚醒状態をとことん追求していこうというブログ。 建設的に人生の生き様を突き止めていこうというブログにしていきたいです。 岩波先生(希代の鬼才であり脳と潜在意識の魔術師!)の元で、あるいは自力で超瞑想体験を更に深めるべく頑張っています。 本物はある! 瞑想を本当の武器に変えるためにも、中途半端にやらずとことんやりましょう! 超瞑想状態の体験談を募集中。脳外科医佐藤直樹のブログ

潜在意識

名外科医が味わった究極の瞑想状態 脳覚醒(覚醒瞑想)体験手記5

岩波英知先生の覚醒瞑想体験記、野々村さんの瞑想遍歴
外科医の鈴木博先生の脳覚醒(覚醒瞑想状態)の体験記を紹介します。

ブラックジャックというハンドルネームで、ブログを書かれています。
先生のブログはこちら→外科医神経症闘症記

アマゾンから本も出ています 『医師が教える書痙・手の震え・あがり症治療法』


ブラックジャック鈴木先生は手の震えや書痙を解決するために、自律訓練法や瞑想法をやってきました。

(手が緊張で震えてしまうのは交感神経の過剰反応によるもののため、それを副交感神経の働きを優位にするためにやったそうです)
しかし、効果を得られないまま、症状も悪化してついには外科医をやめざるを得なくなる寸前にまで陥ったそうです。

現在のブラックジャック鈴木先生は、トランス呼吸法の達人の域に達しており、どんな疲労する職場環境でも、すぐに疲労とストレスを解除させ、脳をクリアにリセットできるまでになっています。
そこに至るまでの体験談を寄稿してくださりました。

お忙しい中、ありがとうございました。

なお鈴木先生の書かれている『脳覚醒』とは覚醒瞑想の意味です。




鈴木博先生(ハンドル名ブラックジャック)の覚醒瞑想、脳覚醒の体験記


私は外科医でありながら、手術時、偉い医師が見ていたり、人が私の手元を見ていると感じた時に手が震えるようになってしまいました。

それを止めるために、自律訓練法や瞑想法という精神修養ができる方法で、過度の緊張を抑えようとしてきました。

シュルツ式自律訓練法、TM瞑想、ヴィパッサナー瞑想、阿字観瞑想、座禅瞑想など一通り(浅くでしたが)かじりましたし、その手の本を読み漁ってきました。

しかし、どうしても自分をコントロールできなかった。

瞑想状態や変性意識状態というものがどういうものかさっぱりわからなかった。

これが瞑想状態かどうかわからないまま、ちょっとウトウトした状態を味わいながら、今となっては無駄な時間を過ごしてきたと思います。

瞑想にはもっとすごい可能性があるはずだと思ってはいても、自分がそうなれない悔しさがありました。



せっかくの瞑想の効果を味わえないまま、私の意識の強い思いに反して、交感神経が暴走し動悸や震えや緊張状態が止められなくなっていきました。

瞑想や自律訓練法に期待をかけていた私の淡い希望は打ち砕かれました。

しかし、他にどうしようもないまま、いつか瞑想状態や変性意識状態に深く入れるようになって、自分の症状が軽減することを期待するしかありませんでした。

今思えば、瞑想というもの、自分の内面というものを甘く考えていたと思う。

瞑想の本にはリラックス効果やもっと突き抜けた神秘的な体感、それによる心身への好影響が書かれてあったが、単に知ることと実践することの格差はどうすることもできませんでした。

こんなに瞑想や自律訓練法が難しいものとは思いませんでした。



今は呼吸法で瞑想状態に入れる秘訣を知識ではなく感覚で掴むことができたという自負があります。

が、当時はあまりに結果を求めすぎていました。

震えをどうにかしなければ外科医をやめざるを得なくなる危機感でやっていたため、目先の効果を追い求めてしまっていたからです。

だから、早く効果を得たい人には瞑想は期待に応えてくれないものなのか。

目を閉じると不安や焦りが押し寄せてくることもあり、瞑想は一人ではやってはいけないと思いました。

ライフワークとして無目的に瞑想をやれる環境の人、喫緊の課題がない人ならば一人でも効果的だと思いますが、一刻も早く大きな効果を得たい人は誘導される瞑想法がいいと思います。

瞑想や自律訓練法に見切りをつけ、しばらく私は悪戦苦闘しながら、ぎりぎりの状況で仕事を続けていました。

瞑想をすることが嫌になり、瞑想をしようと眼を閉じた時点で苦痛を感じ始めるようになったからです。



紆余曲折を経て、やっと私は岩波先生のプログラムに参加できました。

瞑想を一度諦めてからも、自分の無意識の問題を解決する必要があり、それができなければすべてが無に帰すのだと考えていました。

外科医にも神の手を持つ神医がいるように、瞑想や無意識世界においても、必ず本物がいるはず。

その天才的な存在が岩波先生でした。




先生が誘導する脳覚醒状態、トランス状態は、瞑想という概念の範疇のはるか上に位置していました。

言葉にならない衝撃、ついに出会えてしまった感動がありました。

これを正確に読み手に伝えることは不可能な体感ですし、先生の施術を体験した人は納得していただけるでしょう。

瞑想や自律訓練法で何の効果も得られず、瞑想状態がなにかもわからず、一度挫折した男が、究極の瞑想状態を瞬時に味わえてしまったことは、常識ではありえないことでした。

それが神の手を持つ人の誘導で簡単に起きてしまったのです。

私のような瞑想の落ちこぼれですら、毎回究極を体感し、次回はさらに上の究極を超越してしまう。

本物の超越した瞑想とはこれなんだと思います。

3年瞑想をやり続けても、最初の一回か二回で確実に超越した瞑想状態に入れてしまうのだから。



岩波先生の脳覚醒のすごいところは、瞑想への感覚が鋭い人(向いている人)にとっても、私のような瞑想の挫折者であっても、資質関係なく究極の瞑想状態を味わえることです。

そして体感に惰性がないことにある。

人間の脳は最初は新しい刺激を新鮮に感じて感動を覚えるものだが、二度三度続くと感動も刺激も薄らいでいきます。

しかし、脳覚醒のすごいところは同じ感覚が3度と続かないところにある。

また先生が様々な質や色や次元の瞑想状態を、リクエスト通りに導いてくれるところにもある。

だから常に脳は新次元的新鮮さを味わえ、決して惰性に陥ることはないし、より無意識の問題の解決も自動的にされていく。



脳は一度味わった深い体感をずっと覚えているため、脳裏に焼き付いた感覚を、私は呼吸法でいつでも味わえるようになっていきました。

それも嬉しい驚きでしたが、今も大きな人生のアドバンテージになりつづけています。

やっと私は瞑想の本で書かれてある効果効能を、自分の手でも掴むことができたと思います。


そして瞑想の本で書かれてある以上の超越した体感が、岩波先生の誘導で味わえました。

究極の瞑想状態に入ると、それだけで無意識の問題が自動的に氷解していきます。

偉大な浄化能力が働くのです。

体の芯から緊張がいい意味で抜け、脳がクリアになりながら、集中力や広い視野、すべてを見通せる能力が出てきます。

感覚的に繊細で脆いところがあった私が、脆さがなくなりながら、メス先まで自分の神経が通っているような一体感になったり、様々な嬉しい効果もありました。

そういう意味では瞑想は偉大だと思います。

その偉大さを味わえぬまま瞑想を続けることはもったいないことだと思います。


鈴木博 外科医




ご寄稿ありがとうございました。

多くの人が瞑想をしても効果を味わえず途中で挫折しています。

本にはいいことが書いてありますが現実に自分に適用するとなると本当に難しいものがあります。

しかし、瞑想には偉大な可能性があるという鈴木先生の言葉で、もっと瞑想を続けたい、極めたいという人も出てくるのではないでしょうか?

呼吸法でいつでも自分を完全にコントロールできるようになった話もすばらしいです。

ブラックジャック鈴木先生の呼吸法に関するブログはこちら


覚醒瞑想(脳覚醒)を受けた方の話:超瞑想状態と劇的効果の体験記

超瞑想状態を味わった方の体験記紹介 覚醒瞑想、脳覚醒を体験した方の手記




瞑想や精神世界で時間を浪費しない方法

瞑想や精神世界で有意義な時間を作ろう

heart-2081320_960_720


瞑想などの精神世界(スピリチュアリティ)は、目で見えない不思議なエネルギーを私たちにもたらしてくれます。
しかし、決してオカルトではないのです(中には全く怪しいものもあるので注意)。
目に見えない不思議で神秘的な世界は、私たちの脳内や心の奥深くにあり、そこにアクセスできた時の喜びや感動や安らぎ、至福感といったら経験した人にしかわからないものです。
瞑想を追求していくと、精神が浄化されるような、肉体的な疲労はもちろんストレスがスーッとなくなっていき、パワーが内側から漲っていきます。
眠った以上に快眠で(しかも意識があり、永遠のくつろぎにひたりながら・・・)、瞑想の効果は本当にすごいです。

瞑想や精神世界は求めたら効果が逃げてしまう


そこまですごい瞑想だから、多くの人が様々な方法で変性意識状態とか瞑想状態に入ろうとします。
しかし、残念ながらほとんどの人が絶対領域の世界には達することができていません。
ストレス解消であったり、脳がスッキリするレベルの効果なら、多くの人が味わっていますが、どんな人でも「求めたら効果が消滅していく」法則に苦しんでいるようです。
なぜ人間の脳は『求めたら求められない』法則を持っているのでしょうか?
努力したらそれだけの見返りがあってもいいはずなのに、精神世界(脳や潜在意識など)はその努力が仇になってしまいます。

捨てよう、すべてを投げ出そう、どうでもいいじゃないか


私もこの法則には苦しめられました。
時間だけが無駄に過ぎていき、その焦りがさらに求める心を作ってしまったのです。
どんなに努力しても効果が出ないことは、私の人生にあまりないことでした。
勉強だったら学習量の分だけ成績は上がってくれますし、その結果医学部に合格し、国家試験にも受かりました。
しかし瞑想などの精神世界だけは、思い通りにいかない。
思い通りに行ったと思ったら、心と脳が勝手に同じことを追い求めてしまって、雑念が多くなっていったのです。
イライラしたり、落ち着かなくなったり、無理に頑張って深い瞑想状態や変性意識状態に入ろうとして、ますます脳が理性的になってしまい、頭が重くなっていきました。
瞑想が今度は私を苦しめることになりました。
ただし日課になっていたので、苦行をしていて、何のために瞑想を続けていたのかわけがわからなくなった時期がありました。

深い瞑想状態に入るコツ 悟ることの絶対条件


深い瞑想状態に入るためには「捨てること」。それだけです。
捨てることが何よりも難しいのですが、どんだけ努力をしても効果が出ないのならば、いっそのこと捨ててみて下さい。
その無駄足を沢山踏んでいる人のほうが、捨てやすいはずです。
なにせあれだけの時間をかけて瞑想を続け、精神世界を追求してきたのだから、求めたらどんな事になっているのかよく体験でわかっているはずです。
捨てた時、人はスーッとすべての力が芯から緩んでいきます。
この緩みが、予期せず(ここが重要なところです!)深い瞑想状態に入れ、そのまま求めずただ感じるだけで、更に別次元の深さに達します。
そして、人は潜在意識、脳が覚醒し、魂までも覚醒していきます。
悟りが開ける状態はこの深さに達しないと難しいでしょう。

捨てることが難しい人、時間をかけられない人は岩波英知さんに頼るべき


しかし捨てる心境まで行くことはなかなか大変です。
一瞬捨てられる心境になっても、明日はスケベ心満々で求めてしまうのが人間なのですから・・・・。
時間を相当かかるでしょうし、その心境になる保証もありません。
なので、時間がない人やこれ以上無駄足を踏みたくない人は、岩波先生の施術で、一挙に別次元の脳覚醒状態(変性意識の頂点の深さ)に入ってみて下さい。
誰でも入れるので大丈夫です。
岩波先生の技術は世界で一つしかないもので、この超瞑想状態のすごさや感動は言葉で語れません。
別に人に頼ることは恥ずかしいことではありません。
この脳覚醒状態を全身で体感したら、呼吸法を駆使することで、いつでも誰よりも深い瞑想状態に入れます。
(ただしここでも求めない心でやって下さい)
この時からあなたの脳は、誰もが経験したことがない深い意識の世界を味わっているので、特に求めないように呼吸法をやるだけで、勝手に脳が呼吸法に反応してくれて、一人でも超絶に深すぎるとしか言えない変性意識に入れます。
これ以上の理想の瞑想法はないと私の経験から断言できることです。


関連記事

覚醒瞑想状態の効果と凄味

超瞑想状態になるコツと秘訣

究極の瞑想状態になる方法とそのカリスマ鬼才

覚醒瞑想




マインドフルネスが流行っていますが、実態のレベルは高くないものばかり

images (1)
社会的に認知されつつあるマインドフルネスと瞑想


マインドフルネスがアップルやグーグルなどで社員教育やメンタルヘルスに取り入れられています。
そもそもマインドフルネスとはまあ、瞑想のようなものです。
実質的に名前が違うものだけだと思ってください。

私も瞑想を熱心に追求してきましたが、マインドフルネスをやったからと言って瞑想状態が深まるわけではありません。
マインドフルネスで瞑想状態に入れない人は、ヨガをやっても座禅をしてもインドの聖地で修行しに行っても意味がないのです。

瞑想もマインドフルネスも座禅もヨガも何をあなたにもたらしたか?


心の旅をするという意味ではちょっと味付けが違うだけで、結局やる人間は同じですから、何をやってもだめな人はだめです。
私が怖いと思うのが、あれこれ試行錯誤している時間がもったいないということです。

実態のないものに時間をかけ続けて、実感も得られないなんてこれほど無駄なことはありません。
私のようにそれでも実感を求めてさまよい続けると、ただの阿呆です。
迷いながらやる瞑想やマインドフルネスに、意味は全くありません!
私の間違いをこれからの人は繰り返さないでください!

マインドフルネスの効果を書くよりもとにかく実感させてほしいと思う


マインドフルネスの効能はたくさんのことが書かれてありますが、その効能とおりの効果が出た人なんてどれだけの人がいるでしょうか?
私が以前からこのブログで従来の瞑想法が何の変わり映えもしないものだと書いてきましたが、マインドフルネスだって今後ずっと進化しないまま続いていくでしょう。

マインドフルネスや瞑想の指導者も実は迷っているのではないかと思います。
決して弱みを見せないでしょうが(商売あがったりになりますし、顕微鏡で瞑想状態の深さを測れるわけでもなので)、このままやっていいのかと思わなかった人は殆どいないのだと思います。

瞑想やマインドフルネスの指導者の方へ


ストレス軽減ごっこ、能力開発ごっこのようなレベルでマインドフルネスをやり続けてもやる意味はあまりないと断言します。
こう書くとたくさんのお叱りを受けそうですが、もしマインドフルネスや瞑想の指導者がこの記事を読んでいただけたら、岩波先生の覚醒瞑想誘導技術をぜひ受けてみてください。
常識が一変し、あまりのすごさに唖然とするか茫然自失となるか、とんでもない感動を得るでしょう。

指導者が深い深い、とっても深い意識の世界を体験していると説得力が違います。
人間の心のうちには無限の可能性が眠っていると常に宣っている指導者の人に、本当に無限の可能性が潜在意識レベルのもっと奥深くに眠っていることがはっきりとわかると思います。

なので昨今のマインドフルネスの広がりは、私はあんまり歓迎していません。
ちょっとしたらリラックスタイムなんて、何の意味もないと思っています。
失礼なことばかり書いてしまいました。
この場を借りてお詫びいたしますとともに、ぜひ本物と超越した体感を味わってほしいと思います。

マインドフルネス…こんなことをやり続けて良いのかと思いますから。

岩波英知先生誘導の脳覚醒状態から得た絶対感と真理の体験

岩波英知先生誘導の覚醒瞑想による絶対感と真理の体験

なぜ人は瞑想をやるのか?

瞑想状態が深まれば深まるほど、普通の意識でいてはありえない収穫を得ることができます。
日々の不安を取り除くために、瞑想やマインドフルネスをや座禅をやっている人はとても多いのではないでしょうか。

その中に「瞑想による真理到達」を目的にしている人もいます。
また、別の人は神との一体感を得たいというでしょうか。

さらに言えば、自分は何者かということを追求します。
哲学的にいうと「自分はどこから来て、どこに行くのか?」といったことへの答えを求めてです。
とはいえ、明確に意識しているわけではなく、真理の到達の折には、何かが見えるだろう、という漠然としたもの、が正解かもしれません。

瞑想はとらえどころがないという弱点と悟りへの道

瞑想はわからないからやるのです。私もそうでした。
でも、なにかあるぞ、と。
そこに達すれば、必ず何か変化がある、と。

瞑想の弱点として、わからないまま暗中模索の中、皆さん瞑想をやります。
そこで道に迷ってしまう人も多いのですが、私は道に迷いながら、やっと本物の瞑想法に出会うことになりました。

そして、ある真理を得ることができました。
かといって、悟りのようなものではありません。
私のいう真理は『気づき』の強化版みたいなものです。

真理といっても高尚な「悟り」と捉えないでください。
話を変な方向に歪められてしまいますし、お前はそんなすごいのか、と言われると、全然すごい人間でもありません。

ただ、そんな私ですら、脳が覚醒する状態を経て、何かとても大きな収穫を得られたんだという事を伝えたかったんです。
私の思う真理は、そこら中にあると思います。
また感じ方も人それぞれです。

やっぱり瞑想はやるべき引力がある

でも、ある種の気づきが強固なものになって、しっかりと心に定着するものなんだと、勝手に思っています。
もしかしたら、真理にゴールはないのかもしれません。
どんどん見つかっていくものかもしれません。

だからこそ人は瞑想をやるのです。
と、振り出しに戻ってしまいました(汗)

私が覚醒瞑想で到達した真理

私が何の真理に脳覚醒状態の中で到達できたかというと、『私は私しかできないことがある』ということです。
これは絶対感とも密接に関連していました。

他の人が無理でも、私にしかできない。
私ならできる。

岩波英知先生のよく言う『不可能なことを可能にしてこそ人生』という心境です。
そして、私は真理を知っているんだ、ということです(思うのは私の勝手なのであえて書かせてもらいます。)

私だけが真理をつかんでいる意識といっても大げさではありませんでした。
この気持の高揚感は筆舌しがたいものです。
なんでもできる気持になっているのです。

怖いものがない
状態です。
脳のスイッチが入り、私の中で、何かが作動している感じでした。

真理は最高の自信を超えた自信

じゃあ、お前は何の真理をつかんでいるんだ?と質問されたら、具体的にうまく答えられません。
でも、それでいいと思っています。
あくまで、私の心の中でのことなのだから。
お前は間違っていると指摘されても、なんとも思わないし、修正する気もありません。

なぜかというと、私が真理を知っているからです。
真理は、真(まこと)なのだから、偽物はありません。
その人には正解ではなくても、私の中では正解というか,まさに真理なのです。

かといって、排他的になることもありません。
皆それぞれの真理があっていいのではないかと思っています。

もし排他的・敵対的になると、カルト教団やカルト宗教家になってしまいますから。

私が超瞑想状態になっていた時の絶対感こそ、真理なのだと思っています。
何度も書かせてもらいますが、思うのは勝手ですから(笑)

達観、悟り、絶対感、肯定感

結局、私は何かをなし得る人間という大きな自信をもらいました。
それは『お前は存在していい』という絶対的肯定感でもあります。
このような心境になることができる瞑想って、ほんとうに素晴らしいと思います。

それまでは、私は私ではなくとも、替えはたくさんいるのではないかという不安を抱いていました。
医師をしていても、私でなくとも別の医師が取って代わったら、誰も私のことなど覚えていなくなるという孤独感がありました。

私がいなくなっても誰も困らない
思いに取り憑かれた時、言い知れぬ不安が襲われたものです。
そんな私が絶対感に至れたのだから、脳覚醒状態、超瞑想状態はすごいものでした。

瞑想をして、苦労しながら、さらに本物に出会って、もっと瞑想状態が深まるに連れて、真理をつかめるようになって来ました。
それは人から見たらちっぽけなものかもしれませんが、私の心のなかでは本当の宝物を見つけた気分でした。

もしかしたら、宝物を探しに人は瞑想をするのかもしれませんね。
だから、瞑想に興味を持ち、取り組み続けている人は、そこまで至って欲しいと思っています。
途中であきらめないでください。 

瞑想は焦りと不安と苛立ちとの戦いです。
それは自分の心を投影しています。
瞑想をして自己投影を意識してしまう戦いに入るのではなく、そこを乗り越え、真理の心境に到達してみてください。

生きていてよかったという感覚はなにものにも代えがたいものです! 

【岩波英知脳覚醒プログラムと瞑想のコツ】超瞑想状態に入るために知っておくべきこと5

瞑想と潜在意識の底につながる方法と岩波英知先生の覚醒瞑想方法

瞑想や潜在意識の世界をとことこん突き詰めたい人へ

ドリームアートラボラトリの岩波英知先生がやっている心理・脳内プログラムなら、どのプログラムを受けてもいわゆるトランス状態・超瞑想状態の体験ができるでしょう。
それがまずベースです。

その中で一番瞑想に近いプログラムが不世出の鬼才岩波英知先生の『脳覚醒プログラム』になるかと思います。(『覚醒瞑想』のサイトもオープンしています。)

過剰表現? 脳覚醒の宣伝文句に偽りなし

『世界最先端の瞑想体験』と書いてありましたが、これは誇大広告ではありません。
まさに地球上で最も進んだ最も深い誘導瞑想技術です。
岩波先生にしか見えない脳の世界があり、何をすれば脳の深い位置にある扉が開き、覚醒させることができるのか長年の末研究し発見したそうです。

私なんかの凡人には及びもつかない脳内の世界を確実に知っている人です。

岩波先生のプログラムはたくさんあって、何をしたらいいか迷うと思います。
まあ、あんまり厳密にこのプログラム(脳覚醒プログラムなど)を受けなければ瞑想体験ができないと言うことはなく、かなりファジー(死語か)でアバウトだから、迷う必要もないと思います。
心の悩みが強い方は、それ用のプログラムがありますから。

やはり瞑想や自分の脳内や無意識・潜在意識の世界に興味を持つ同士はいるもので、こちらに瞑想や脳覚醒について議論している掲示板がありました。
脳覚醒プログラム(脳内覚醒・能力開発・超瞑想体験)掲示板 体験者の集い
みんな刺激しあって頑張っています。

非常に人気の引く手あまたの先生

>岩波先生の作り込む瞑想状態や脳覚醒状態を体感したい人は、1コース料金を払う必要があります。
料金システムについてはサイトを参考にして下さい。
ただし人気抜群で世界中から引き合いがある先生なので、申し込めば受けられるわけでありません。
倍率はかなり高いものと思われます。
間接的に断られている電話を私はしょっちゅう聞いていました。

瞑想は、座禅など座ってやりますが、岩波先生のプログラムはやり方も想像を超えています。
こんな方法なんだ! と私は驚きました。
瞬間瞑想と言われるぐらい、瞬時に岩波先生は、ある意識の世界に誘導してくれます。

先生の指示通りやれば間違いありません。
色々な情報が出回っていますが、本物です。
体験した時に色々と驚いてください。

先生の技術は信じられないことばかりですが、自分が体感すれば信じられます。
そして瞑想をやってきた人ならば、瞬時に本物だと悟るでしょう。
楽しみにしていてください。

結果から物事をすべて逆算して考えられる岩波先生

岩波先生の哲学は「こうなったら理想、瞑想状態に入れたら嬉しい」レベルを追っているのではなく、「超瞑想状態に入る」ことから、そのためにものごとを逆算して考えていくものです。
「超瞑想状態に入る・誘導する」ために、様々な方法をそれで編み出してきたそうです。

結果からものごとを考えるやり方です。
これは成功者の発想と同じです。

だから、今までの方法とは違う瞑想誘導アプローチがたくさんあります。
ここでも固定観念を捨ててください。

最初の立ち位置から、トランス状態・超瞑想状態が始まるため、いきなり驚きから入ります。
そして、次第に脳と体と防衛本能が馴染んできて、極上の超瞑想状態に変性していきます。

先生の指導のもと、どれ一つとっても、超瞑想状態に入るために生み出されたものばかりなので、すべてにやる意味があります。
他ではない方法ばかりなので、固定観念や定番の発想では取り組まずに、白紙の状態で、岩波先生の言うことを聞いてがんばってください。

無になろうとしても無になれない、だからバカになれ

あとは取り組む時の思考が重要です。
これは瞑想をやってきて成果を上げている人なら、すぐにコツが掴めると思います。
見返りを求めず、どんな違和感とも消そうと戦わないことです。

岩波先生は「バカになれ」というのもそれと同意語でしょう。
理性や知恵は瞑想や潜在意識の世界には何の役にも立ちません
害毒に過ぎません。

これは瞑想法を続けてきた人なら同意してくれることだと思います。
とはいえ、それを外すことは非常に難しいものです。
私は瞑想をやっていた時、うまくいかなかったのもそこです。

しかし、岩波先生と出会ってから、瞑想への入りを阻害する要素を外すテクニックを先生が持っていたことから、非常に参考になりました。
理性や知恵を外すコツも私なりに掴めてきたと思います。

小利口は深い瞑想に入れない、馬鹿ほど瞑想で自分を変えられる

複雑に考えないこと、子供のような無邪気な心、それにつきます。
世の中も瞑想も単純明快でいいのです。(それが一番単純で難しいことなので、誘導瞑想状態で気づいていくのです)

考えに考えた末に、瞑想状態に入れると思っているのであれば、永遠に入れません。
考えに考え、考えることの無駄を悟った時ならば、入れますが。
世の中の極致は単純明快につきます。

単純ですが奥が深いのが瞑想の魅力ですね。
だから、現代人は瞑想状態に深く入れないし、入れても単発で打ち止めになるのです。

覚醒瞑想 A10神経と脳内麻薬物質のここがすごい!

瞑想による何ものにも代えがたい幸福感

瞑想で非常に心地よくなったり、恍惚感に浸ったり、幸福感に包まれた人はいるでしょうか?
深さのの差はあっても、うまくいったとき、ただのリラックス感を超えたありえないリラックスを感じた人も多いと思います。

瞑想は脳内麻薬物質や快楽ホルモンを脳が分泌してくれるようになったら成功とも言えます。
真理に達するには、非日常的な精神状態と意識の流れになっている必要があります。
天国にいるような、とても心地よい脳内麻薬に全身包まれている状態こそ、非日常です。

さまざまな神秘体験、至福意識、真理到達は、これからの脳内の神経伝達物質のなせる技といえるでしょう。
とくにA10神経が鍵になります。

A10神経

A10神経とは、快楽を刺激する神経です。images


瞑想を行う意味とは、脳内から出た神経伝達物質によりA10神経を刺激するとも言えるかもしれませんね。
(しかし、意識上でも理性でも気力であっても、自力ではA10神経は刺激できません。これがとても難しい)

私は岩波先生の脳覚醒技術による誘導で瞑想状態が劇的に深まったわけですが、こんな気持よく感動に満ち溢れた体感をして初めて、A10神経の話に納得がいきました。


A10神経が神経伝達物質によって刺激されればされるほど、ますます心地よくなります。
そのレベルもどんどん深まっていきます。

多幸感、生きていてよかった幸せ

ありえない快楽を味わえます。
快楽といっても性的な意味ではありません。
薬物・麻薬でラリっていることでもありません。

もっと高尚な喜びです。多幸感です。
自分の存在を認められ、その価値に気づき、ストレスもすっかり消え失せ、マイナス面も浄化されていく心地よさ。
宇宙や世界との一体感、人との一体感などとにかく幸せな感覚に満ちています。


神経伝達物質の力を引き出せる瞑想法

脳の可能性は無限大というのは、この脳内麻薬の観点からも言えるでしょう。
脳内麻薬のある神経伝達物質は、大麻などをはるかに超える気持ちいい体感を得られます。

私は、瞑想とは別に、何かに一心不乱に集中して、集中力を超えた集中力を発揮することがあります。
それがもうとても心地よくてたまりません。
そんな経験をよくしたことがあります。
これもおそらくは脳内快楽物質がA10神経を刺激してくれたおかげで、能力が全開したんだと思っています。

せっかく瞑想をやるのだから、自分で脳内麻薬を自由に出せるようになれば、能力にも制限はなくなりますよ。

自分の脳への企みは自分の脳が一番知っていることに瞑想の難しさがある

脳内麻薬はどうやったら自力で出せるのか(ひいては瞑想がうまくいく方法)、そのひとつの方法を書いていきたいと思います。

脳はバカではありません。
自分の意図や企みを見抜いています(自分の脳だから当たり前ですね)

「脳内モルヒネを出してやるぞ、気持ちよくなってやるぞ、エンドルフィンを出して瞑想状態をもっと深めてやるぞ」という意図はすべて逆方向の結果をもたらします。
雑念と白けです。

脳は理性だけでは作動しません。
もちろん意図があって、人は瞑想なり呼吸法をやるわけですし、岩波先生の脳覚醒プログラム通う事自体、意図的なものです。
これは否定しようがない事実です。

それを踏まえた上で、その意図を捨ててください。

A10神経や神経伝達物質をコントロールできる方法

見返りは求めず、無駄なことですら甘受して、トランス呼吸法をしてください。
集中は必要ですが、だからといって雑念が集中力を妨げるからといって、排除しないでください。
A10神経を刺激するには、これらは絶対的に必要不可欠なことです。

どんな雑念やマイナス思考という悪条件でも、それを覚悟して受け入れて、見返りを求めないで淡々とやり続けることこそ、自分の脳みそを攻略する方法です。
すべてを捨ててやった人に、瞑想の神様は微笑んでくれるのです。

もしあなたが瞑想の神様(まあ、お釈迦様でもいいです。)だったならば、不埒な意図や企みの気持ちを抱いたまま瞑想や呼吸法を行う人間を引き上げようとするでしょうか?
より逆方向の気持ちを味あわせて、その考えがいかにまずいか思い知らせることでしょう。

私もさんざん神様やお釈迦様にいじめられてきました(笑)

覚醒瞑想やトランス呼吸法による絶対的安心感

さて、脳内麻薬物質がA10神経を刺激してくれた時、私は怖いものはなくなる感覚になります。
なぜそうなるのか、私自身哲学者のごとく考えた結果、心地良い脳内麻薬に包まれたからだという結論に至りました。

おそらく、お母さんの子宮にいた時、一番安心感を得ていたはずです(母体が不安を感じていたら、その限りではありません。)
そうです、まるで子宮にいる時のような感覚なのでしょうね。
これが私の思い至った真理の1つであり、この安心感が、頑張れる自分を作ってくれていると思います。

中途半端に瞑想をやる危険性

もう一つ、注意点を書きたいと思います。
安心感どころか、瞑想を独力でやって、不安感がひどくなった人がたくさんいます。
瞑想の危険性は、瞑想のすごさを説く者にとって、ちゃんと書いておかなければならないと思います。

瞑想をやるからには、不安感がなくなり、安心感と多幸感の中にひたれるようになるまでやるべきです。
途中であきらめないでください。
道に迷ったら、自力でも追求に見切りをつけて、最終目的である心の平穏を目指して、専門家の力を借りることも大事です。

私もそのための力になりますし、相談に乗っています。 

自己破産する医師たち 地に足をつける必要性と瞑想

00831-450x337
医師は社会性がない人が多い

瞑想では自分を深く知ることができます。自分が何者か悟れます。
そんな話です。

医師といえばお金を稼げると思われるかもしれませんが、実は結構シビアです。
一番自己破産する職業の対極にいると思われるかもしれませんが、かなり多いです。

原因は気が大きくなったり、自分という存在を勘違いして金遣いが荒くなったり、不動産投資に失敗したり、開業するときの借金が返せなくなるなど、社会性が欠如したためです。
私の周りにも不動産投資を薦められて、その口車に乗ってしまったあげくに、借金だけが残った医師が二人います。

普通の社会人ならば、眉に唾をつけて聞く『うまい話』でも、ついつい乗せられてしまうのです。
不動産を売りつける側からしたら、カモに思われているので、注意しなくてはいけません。

学校の教師もそうですが、医師ももっともっと社会性と社会経験を身につけないといけないと思います。
地に足がついていない「先生」は、人を導いたり救えたりできないのですから。

騙されてメンタルがぼろぼろになっていった外科医

5e7840a103229f3db18206554f5938b9[1]私の知人の借金漬けになってしまった外科医は、それは大変な腕の持ち主で、ゴッドハンドといっていいくらい腕の良さを誇っていました。
しかし手術でいくら神技を有しているとはいっても、次第に借金苦で生気が顔から消えていったのは残念でした。

心技体、すべてにおいて揃っていなければ、手術の腕も落ちるのだと思いました。
彼は、以前のような腕の持ち主ではなくなり、黄金の手もブロンズハンドあたりに落ちていました。

アルコールにも依存するようになり、しかも安酒をあおるようになり、仲間にたかったり、病院内でも厄介者扱いされるようになったことは、とても残念です。

この話をしたのは、地に足をつける、つまり自分を知らなくてはいけないということです。
そこで瞑想が大事になってきます。

マインドフルネス、瞑想、心を知ることの重要性

人生は思い通りにいかない事は、誰でも知っていますが、一部の増長した医師は、全て思い通りに行くぐらいになってしまいます。
その人に瞑想、マインドフルネスをやらしてみたいのです。
きっと、うまくいかないで、はじめて自分がいちばん思い通りにいかないことに気づけると思います。
(しっかり長く瞑想に取り組んだらですが。すぐやめてしまって気づけないのがオチでしょう)

自信は生きる上で必要不可欠なことだと私も思いますが、うぬぼれが入っている自信は身を滅ぼします。
瞑想は、ちょうど中庸を教えてくれます。

知識だけでは伸びしろの限界がすぐ来てしまう

医師は忙しい人が多く、社会性を身につけることができない状況にありますが、毎日瞑想を10分でもいいからやってほしいと思います。
社会性がなくても、自分を知ることができたら、その人は社会性がある人よりも魅力的になっていくと思います。

人間には知識では限界があります。
患者さんと向き合うにも、たしかに医師は知識を誰よりも持っていますが、そんなことは当たり前です。
しかし、本当にいい治療ができる医師は、知識だけに頼っていません。
感性や感覚や人間性など、総合的な力が必要です。 

なぜ瞑想に惹かれ瞑想をやるのか? 生きる意味を問う

私が瞑想法や潜在意識や潜在能力に興味を持った理由

なぜ人は瞑想をやるのか?

なぜ私は瞑想に興味を持ち、瞑想に執着してやり続けてきたのだろう?
ふと、時間ができた時考えたことがありました。

おそらく私は自分の能力のこれっぽっちも使ってはいないのではないか?
こう思い至りました。
だからこそ、私の眠れる潜在能力を知りたくて瞑想に関心をもつようになったのだろう、と。

幸い医師という希望の職業につくことができました。
金銭的にも余裕が無いわけではありません。
老後の心配もあんまりしていません。
そういう意味では、それなりに恵まれた人生かもしれません。

が、満足かと入ったら満足でもありません。
人生をそこそこ楽しんでいたと言えますが、もっと「何かあるだろう、あるはずだ」とどこかで感じながら生きています。

もっと自分の眠る潜在能力を発揮できるはず

私にもコンプレックスはたくさんあります。
人間関係のしがらみにも縛られて生きています。
自分だけじゃなく家族のことについての悩みもあります。
仕事ももっと何かできるはずだと思っています。

時々マンネリ化していないか、惰性に陥っていないかと不安になったりもします。
このまま無駄に時が過ぎていくことへの恐怖感もあります。
すぐに時間は過ぎ去っていて、私は何も成し遂げていないという焦りも出てきたりしました。

本当に私は自分の人生を生きているのだろうか?
一度の人生をこのまま無難に生きていて後悔をしないのだろうか?
虚しさをいずれは感じないだろうか?

満ち足りているのかもしれないが何かが足りない

禅の教えの1つに「あなたが今満ち足りていることを知りなさい」という言葉があります。
そう考えれば私は満ち足りていて幸せなのだろう、とも思います。
散歩の時、道端に咲く花を見て、ふと心が和んだ時、「ああ、幸せだな」と思うことだってあります。

しかし!
何かが足りないのです。足りなかったのです。

もっと私の情動と魂を全開にして生きなくてはいけないのだろうと。
瞑想をやっている分際で、禅の教えから外れることは大変おかしいですが、半人前なのだからまあしょうがない(笑)

しかし、私がまだあまりやり遂げていないことを追求しないことは、私の生命への冒涜なのではないか?
やらない後悔よりもやって後悔した方がいいに決まっている。
その結果私が「満ち足りていることを知る」事ができればいいと思っています。

まだまだその時ではないということです。
何も瞑想は禅だけの専売特許でもありませんし。

私の潜在意識に眠っているもの、そして潜在能力

たしかに私の中にはなにか可能性が埋まっている。
しかしどうやってその可能性を引っ張り出せばいいか術がない。
いや、ある。それは瞑想だと期待しました(しかし、そう甘くはなかったのですが)。

私が瞑想をやるのはただの気休めではなく、生きる意味とつながっている、と改めて気付かされました。
私の脳みその何かが作動すれば怖いものはもうない、不安になることも何もないと信じています。
私の追求は終わりません。

みなさんも、このまま人生が続いていっていいのかという不安を持っていると思います。
果たして満ち足りた人生だと本当に思えるのかというと、断言できない人が圧倒的に多いでしょう。

従来の瞑想法では心を満足させるには弱いと思う

しかし、私は瞑想がそれを救ってくれるほど甘くはないと思います。

人生がうまくいかないのと同じように、瞑想はもっと難しいものかもしれません。
だからこそ、心が惹かれてしまうのですが、瞑想の罠にはまって人生に迷いを増やすことだけはしないようにしてください。

そのために私のブログがお役に立つことができたら幸いと思います。 

脳は必ず感覚を忘れない 超瞑想状態になるコツとマイナスの感覚の恐怖5

possible-379215_960_720

五感と瞑想と想像力

脳は必ず、とある感覚をいつまでも覚えています。
これは瞑想と精神世界の深みを追求する者にとって、利用しない手はありません。

「とある感覚」、これはどんな感覚なのだろうか?
五感と密接に結びついた感覚といっていいと思います。

何も非日常にだけ起こる感覚ではなく、生きていれば当たり前に味わってきた感覚です。

プルースト効果と潜在意識の記憶

その例として、思春期の男の人ならよくわかると思うのですが、部屋ではじめてHな雑誌を読んだ時の興奮、AVビデオを見た時の感覚は、例えば嗅覚と非常に密接に思い出すことができたりします。

あのとき、どんな感じの「匂い」だったのか、目を閉じて思い浮かべるだけで、あの時の感覚が蘇ったりします。
あの古き良き青春時代のドキドキ感を味わえたりするのです。
これは『プルースト効果』などと呼ばれています。

つまり自分にとって、決定的で絶対的な出来事は、脳は覚えているということです。
スポーツ選手なら、優勝した時の歓喜を味わっている脳は、必ずそれを覚えているはずです。

問題は、それをどうやって引っ張りだすかだけです。
引っ張りだす方法は、先ほど述べたような五感をフル活用することが大事です。
けっして知恵で導き出すことはできません

瞑想状態、それも超がつくすごい瞑想の感覚を味わえる人は、みなそれがうまい人だと私は思います。
目を閉じ、あのときのすごい感覚をフワーッと思い浮かべるだけで、そんなに時間をかけずとも、ある世界に到達することができます。

瞑想がいつまで経っても効果が上がらない理由

ただし、超すごい感覚体験を味わったことがない人は、それができません。

そこに瞑想を一人で続けて暗中模索の中頑張り続けることの、一番の欠点があります。
自分で深い瞑想状態を味わえば、次からは知恵さえ使わなければ、感覚を思い出すだけで、再び深い状態に入っていきます。

しかし、その深い瞑想状態が脳に刻み込まれるレベルには達せないのです。
だから、永遠と堂々巡りをしてしまいます。
リラックス状態では、脳はすぐ忘れてしまいます。

いい想像力があれば瞑想もなんでもうまくいく

瞑想するにあたって想像力はとても大事な要素です。
この忙しい世の中で、あまり想像力を発揮する機会はないため、意図的に訓練をした方がいいと思います。
いかに知恵を使わないか、という思考もとても大事でしょう。

できる人間は、知恵が発達しているのではなく、感覚が発達しています。
カリスマ外科医は、技術が優れているのは当たり前ですが、何より感覚が抜群に優れています。
腕があるということは、そういうことなのです。


先に強烈な脳覚醒状態から瞑想を始めれば必ずうまくいく

そこで、瞑想状態を劇的に最高のレベルまで深めるために、脳が劇的な感覚を味わうことが大事ということになります。

そこで、私の先生である岩波先生がなぜすごいのか、なぜすごく絶賛されるのかは、その劇的な感覚を脳に一瞬で味合わせることができる技術を開発したからです。
誰でも何度か脳覚醒状態といわれる深い瞑想状態に誘導されたら、名僧の瞑想状態すら上回ってしまう深さを味わえます。

ちなみに自力で瞑想の訓練を経験したきた人のほうが、より深い超瞑想状態(脳覚醒状態)に早めには入れるでしょう。
独力での瞑想自体効果がなかったとしても、心に向き合う修業をすることが、ある意味において、心の扉を開くための訓練になっているから、劇的な超瞑想状態を味わえるのです。
その無駄になってきた蓄積が、岩波先生の神技の誘導技術で引き出されます。

ただし誘導技術がないと、無駄だったことは本当に無駄で終わってしまいます。
だから、瞑想を頑張ってきた人は、壁を破るためにも先生の技術を利用したほうが絶対にいいと思います。

岩波先生のプログラムを受けている人は、その劇的感覚体験を、眼を閉じ呼吸法をするときに、いやストレッチで脳と体の緩みを引き出す作業の時でも、少し想像力を駆使して思い浮かべてください。
何もしていないより、何倍もはるかに深く瞑想状態に、自力で入れるようになります。

これが脳は感覚を忘れないという性質を利用した瞑想法です。
だから、最初に脳が覚醒した状態を味あわせることが、何よりの近道なのです。


脳は忘れない、トラウマとフラッシュバックの恐怖

逆に脳の怖さを書いておきたいと思います。
脳は忘れないという性質の怖さは、トラウマとフラッシュバックです。
その辛い記憶があるかぎり、人は幸せに生きることはできません。

何年たってもその感覚が、その人の人生を苦しめてしまいます。
理性や忘却の力や意志の力では無くすことも隠し通すこともできません。

だから、なおさら超瞑想状態でトラウマ処理とリセットをしなくてはいけないのです。
脳に強く焼き付けられた悪い出来事は、脳に強く影響をあたえることができる超瞑想状態になってはじめて処理ができて、心が悪しき出来事から解放されるのです。

瞑想の訓練をする人は、自分の脳をまずは信じてください
そして、かつて経験した強い感覚体験(もちろんプラスのものです)を知恵を使わずに、想像と五感で呼び出すことが出来れば、今の訓練は劇的に向上していくでしょう。

瞑想に深く入れるコツ。ありえないほどの瞑想状態の凄さについて

瞑想がうまくいく人は脳か体が緩んでいる人

深い深い瞑想状態に入るために、体の緩み、軽さが大きく関わってきます。
ということは、瞑想をする前にしっかりと柔軟体操やストレッチをして、体が緩むようにしてください。

身体が固いと、脳も固まり、緩みを脳が指令できなくなり、瞑想状態に浅くすら入れなくなります。
瞑想でリラックスしたいと思うけれど、リラックスしていない状態だから瞑想状態に入れないという悪循環に入り、一生かかっても瞑想で価値を得られるようになりません。
やるだけ無駄という最悪な結果に終わります。

new-york-sunset1


医師の仕事はとても激務で、体があちこち凝ります。
その時はなかなか超瞑想状態に入りにくいため、ストレッチで脳の緩みを作り、体を柔らかくしています。
固い体よりも柔らかい体にいたほうがあらゆる面においてプラスになります。
瞑想も例外ではないし、一番影響が出る分野なのかもしれません。

瞑想がうまくいかない人は不健康とも言える

体の固さは病気と密接です。

体が柔らかい人は病気になりにくい体です。

体が固いということは、それだけ思考が硬直化しています。

体が固くなると、思考がますます硬直化し、固定観念で自分の考える枠を狭めてしまいます。
つまり、瞑想を頑張っても意味が無い人になります。

瞑想に入りやすい人は、体が柔らかいか、普段固くても想像で体と脳を緩めることが出来る人です。
瞑想状態に入れないか長続きしない人は、やはり体が固く、脳も緩みを味わうことが下手すぎるのです。

つまり病気になりやすい人は瞑想がうまく生きませんし、瞑想がうまくいかないということはストレスが多く病気になりやすい人です。

瞑想の効果を一番必要とする人ほど深く入れない矛盾

瞑想を一番必要とする人は、心に平穏をもたらしたい人(悩みを解消したい人)であると思いますが、そういう人に限って体が防御反応で固くなっています
だから、一番必要な人ほど瞑想に入りにくいという皮肉な結果になるのです。


また瞑想はストレス解消や健康維持にもいいといわれるのも、瞑想の訓練を通して、脳がリラックス感を味わえるからであり、それが体の柔らかさへとつながるからです。

つまり、逆に考えれば、ストレッチをしっかりして、瞑想に入る準備をしなければいけない、ということになります。

呼吸法を通じて瞑想状態(変性意識状態)にしょっちゅう入れるようになった人は、ストレッチを飛ばしても大丈夫だと思いますが、体が固いと落ち着くものも落ち着かなくなるため、やったほうがスムーズに入れます。ストレッチといっても、ラジオ体操みたいなものではなくて、もっと脳に緩みを味あわせるためのストレッチです。

トランスストレッチ法

岩波先生の教えるトランスストレッチ法が一番理にかなっているので、それを教わった人はそれをやりましょう。
独力ですとどうしても迷いやすいので、指導を受けてください。
もちろんのこと、しっかり脳に味あわせ緩みを焼き付かせて、眼を閉じたり呼吸法をした時に、いつでも引っ張り出せるくらいに訓練しておきましょう。

コツは、ストレッチで伸ばした時に負荷がかかった部位を、眼を閉じて感じつつ、ゆっくりとストレッチを緩めた時、その解放感を脳で味わうことです。

想像力豊かな人は、その解放感のほかに、気持ちい思いをしている想像でもいいと思います。
瞑想が得意な人はその瞑想状態を。
トランス状態の強烈な恍惚感を味わったことがある人は、その感覚を。
(誘導技術で超瞑想状態に入れていない人は、想像ができないので無理に考えることはしないほうがいいです。逆効果になります)

瞑想もストレッチも呼吸法も脳を反応させなければ意味がない

脳が緩みを感じないことには、いくら鬼のようにストレッチを繰り返しても意味がありません
逆にその部位が過度の負荷がかかることで、疲労を起こして逆に固くなりかねません。

瞑想は脳へ訴えかけるものです。
ですので、ストレッチも脳に訴えかけなければいけません。


瞑想状態の飛距離(余韻)は、その人の体の固さと緩みによって、大きく変わってきます。
瞬間的に変性意識の感覚が終わる人は、しっかりと脳に緩みを味あわせましょう。
体が柔らかくなり、脳もしっかりとそれが刻印できた人は、自分自身の力でも想像もしないほどの深い超瞑想状態に入れるでしょう。
少なくともそのベースはしっかりと出来上がります。


小さいことの積み重ねよりも一気に深く瞑想に入ったもの勝ち

できれば、岩波先生の脳覚醒プログラムで誘導してもらえば、別の人生を送って戻ってくるような感覚、宇宙に飛んで旅をして戻ってきたような感覚、30年寝て目覚めた感覚など、常識ではあり得ない体感をするでしょう。

そうです、時間と空間を一瞬にして飛び越えてしまうのです。
その時は決して不快な感覚はありません。

もう味わった人だけの特権である「世界一の至福の体感」が、そこにあるだけです。

もっといえば、眼を閉じた時、その感覚の100分の1でも思い出して味わうことができたら、どんどんと一人で深い深い瞑想の世界に入ることができます。

それはもう坐禅や精神修行を何十年修行した偉い方々の体感を、遙か高みで超えている状態なのです。

そこまで行くためにもまずはベース作りです。
頑張って訓練をしてください。

瞑想は一人でやるものではありますが、ずっと一人でやると道を外れてしまいます。

ヘタをすると雑念地獄、不安地獄、イライラ地獄に入ってしまうので、誘導技術で脳に先に極度のリラックス感を刻みつけてからやるほうが絶対にいいと思います。 
 

瞑想の頂点を極める 究極の内面パワーを身に着ける

究極の瞑想を極める

脳の魔術師に偽りなし

脳の魔術師岩波先生の元で、私は超瞑想状態を極めるべく、プログラムに励んでいます。
圧倒的な超瞑想状態(脳覚醒状態)を味わうと、瞑想の頂点まで駆け上りたい気持ちでいっぱいになります。

至福感に満たされた感覚
を味わったら、「もういいだろう」と普通は思うのかもしれませんが、人間の脳はまだまだ至福感で終わるほど満足はできないようです。

私は岩波先生こそが、瞑想の極地に至らせてくれる最高の先生だと思います。
私だけが思っているのではなく、私の医師仲間もそうですし、大企業の経営者も先生の覚醒瞑想を受けたら虜になっているようです。

つまり本物を味あわせてくれる人ですし、世界最高の瞑想を誰であっても確実に体験できるのが、先生の技術のすごいところです。

脳覚醒技術による脳内麻薬には依存性も副作用もない

とんでもないすごい脳内麻薬を味わっているわけですが、麻薬中毒やニコチン中毒のように、脳内麻薬がないときにイライラするかというとそんなことは一切ありません。

逆に、普段から脳が満ち足りている感じがします。
そのことからも脳内麻薬には副作用がないどころから、日常への精神的・身体的持続力も半端無いということです。

従来の瞑想法のやり方ではどうしても自力では限界があります
それで頂点まで行くわけでもありません。

たしかに頂点に立っている成功者は瞑想をやっている人が多いですが、かといって瞑想をやったから頂点の位置に行っているわけではありません。
そこは注意しておいたほうがいいです。
頂点の人は瞑想をやらなくても、頂点に別の方法で到達していたでしょう。

瞑想で効果を得られない人もいる

だから、頂点の人が超越瞑想が良い、ヴィパッサナー瞑想がいい、マインドフルネスがいいと人に薦めているとはいえ、みんながああなれるわけではないのです。
ほとんどの人が、瞑想で挫折したり、パッとしないまま時間が無為に過ぎ去るのに任せていることを見ても、あまり過度の期待をしないほうがいいでしょう。

しかし、深い超瞑想状態に一気に誘導される方法では、誰でも彼らを一瞬にして超えるトランス状態を体感できます。
そこまで行って初めて、瞑想が強力な武器に変化してくれます。

瞑想が飛び抜けて深くなっていった理由

私の脳が理想の状態に誘導・開発されているため、今度は自力でも瞑想が簡単にいってくれるようになっています。
ソファーに座り、眼をほんのうっすら開けて、鼻からすって口から吐きます。
全身の力を抜いていって、脱力感を感じながら呼吸法を行なっていきます。

そうすると、次第に深い深い意識の底にくつろいでいる自分になっていきます。
どんどんと脳内麻薬が私の体を包み込んでくれます。

ストレスも簡単に解消できてしまう

それはもう心地よいなんてレベルを超えた状態です。
30分ほど呼吸をして、超瞑想状態に自分で入っていると、目を開けた時、ものすごく体も心も軽くなっているのです。

医師の仕事は忙しい時はほんとうに忙しいので、時間が10分でもあいたら、それを行うようにしています。
そんな短時間ですら、心がすっきりして、体も軽くなり、どこか私の内部からエネルギーが出てくるのがわかります。

これを突き詰めていけば、私の内面からもっと強いパワーが出ることは容易に想像できます。

瞑想の効果を実感するまでが苦難の修行

最初、瞑想をやる人は、「その先の何か」に期待してはじめると思います。
そんなに具体的にこうなる、こうやる、というものは、瞑想はひどく抽象的なものですから、想像できません。
しかし、ある程度やりこんで行ったり、超瞑想状態といえる体感をすると、はじめて「瞑想状態の可能性」に気づきます。

はっきりと予感がするのです。
この時の私のワクワク感といったらありません!

せっかく長い間この分野に興味を持って励んできたのだから、私は瞑想の頂点を目指して頑張って行きたいと思います。
多くの日本に限らず世界の有名人が瞑想に惹かれているのも、何か予感がするのでしょう。

凡人よりも誰よりも脳が開かれているからこそ、著名になる人達でしょうから(瞑想だけで大成功をおさめたわけではないのですが)。

深い瞑想状態に入るのにそんなに時間はいらない

浅い瞑想状態にしかなれず、ずっと試行錯誤している人は、時間を無駄に過ごさないためにも、誘導技術で一気に飛び越えて、超瞑想状態を味わったほうが、目的に達するのは早いと思います。
脳が開いた時、はじめて、瞑想に「興味を持ってよかった、はじめて良かった!」と、思えることでしょう。

それなしには、そんな感動を味わうにはあまりに時間がかかり過ぎます
やっと瞑想の神髄の域に達した時が、死ぬ間際だったなんてことは悲しいことですから。 

心の満たし方 心の脆さと孤独からの解放 覚醒瞑想ブログ

覚醒瞑想体験記 瞑想マニアになった理由と原因

瞑想を追求してきた一つの理由

私が人より瞑想とその果てにある成果に興味を惹かれるのも、私の中に脆さと孤独感があるからなのだと思います。
社会的成功、金銭的成功を私は一応得ることはできました。
でも、満たされない心がいつもどこかにあったことはかつて言いました。

社会的成功や金銭的成功、名誉、プライドを満たすということに、私は頑張って来ました。
その時は確かに上を向いて走っていたので、充実感はありました。
でも、その代償に何か大切な心を落としてしまったのかもしれない、と今思います。

満たされたつもりが何か違うという虚しさ

そして、成功をある程度おさめた時、何かポッカリと心に穴が空いた感覚に襲われました。
むなしさなのか、孤独感なのか。

ストレスと疲労を重ねていたので、そのせいかとも思いましたが、どうやら違う。
そこで禅や瞑想に興味を持ちました。

いや、それ以前から瞑想への興味は人よりも持っていました。
人の心の内面についてです。
その本格的追求が、その時に始まりました。

自己分析とルーツ分析

私は自己分析すると、基本的に脆い人間です。
もろいからこそ頑張ってきたとも言えます。

元々もろいから寂しさを感じます。
そして、私がいなくとも誰も困らないという虚しい思いもムクムクと生じてきました。

その寂しさは、金銭的な成功や社会的成功だけでは決して埋まるものではありません。
どんなに手を尽くしても手に入らないもの、心の空虚感を埋める、ことに私は無意識的に心惹かれていったのだと思っています。

孤独感と寂しさを感じる

以前書いたように、私の脳力を全開させるためにも瞑想に励みましたが、そもそもの私の内面に対する興味の原点は、自分自身の心の脆さ、寂しさだったんだと思います。

とはいえ、私は普段から寂しさを感じて、もろい心で生きているのではありません。
自分の脆さを知っている人が一番強いとも言えますから。

今では「私は脆いから強い人間」だという思いに至るようになりました。
これは岩波先生のアドバイスもあってそう思えたのですが、不思議と孤独感は心から消えていってくれました。

その意味では、私の心は以前よりも満ち足りている、と言えそうです。

現在は、何か心のなかに確固とした芯がある感じです。
岩波先生の脳覚醒プログラムを受けてから、劇的に短期間にその考えに至りました。
超瞑想状態の中で、すっかり私の心が洗われましたし、その上で強いエネルギーが注入された感じです。

岩波先生誘導の脳覚醒状態が深まっていくと、自動的に心の傷が埋まっていく働きがあるようです。
つまり、深い瞑想状態に入っていくほど、心の隙間が埋められていくのです。

そこが脳覚醒状態のすごいところであり、みなさんのやられる瞑想やマインドフルネスが深まったときに得られる効果です。
諦めずに続けて励んでみてください!

瞑想状態が覚醒したときの未来の明るさ

もし社会的・金銭的成功が外に向かっての成功であるならば、内側に向かっての成功は、心が充たされているかどうかによると言えなくありません。
前者だけでは必ず心で空しさを感じます。

瞑想は突き詰めれば突き詰めるほど、内面への成功につながることは間違いありません。
お金で決して買えない心の満足は、まずは深い瞑想状態から始まります。

満足がいかない心の障害となっているものの処理も可能です。
もちろん、精神力や能力の全開だって可能です。

まだまだ書き足りないほどの可能性が超瞑想状態にはあります。
心も脳もすべて超瞑想状態(脳覚醒状態)に入ることではじめて、自分がコントロール可能になります。

自分が一番の強敵になると瞑想やマインドフルネスでは言われていますが、そんな強敵も「とも」に帰ることができるのです。(北斗の拳を読んでいる人はご存知だと思います)

超瞑想状態(脳覚醒状態)で神仏に会えるか? 心の悪魔に直面しないために

岩波英知先生の作り出す脳を覚醒させる瞑想状態

脳覚醒状態の感想

鬼才岩波先生の作り出す超瞑想状態(脳覚醒状態)は、人によって様々な感想があると思います。

  • 「すごい」
  • 「すごすぎる」
  • 「やばい」
  • 「なんだこれ」
  • 「ありえない」
  • 「えっ・・・・」
  • 「・・・・・(無言。ひたすら圧倒される)」
に結局集約されると思いますが、瞑想をやる人の「神」との対話、対面、一体化はあり得るのでしょうか?
いわゆる神秘体験です。
単純に言えばありえます。

瞑想の神秘体験の感動

宗教観がない人はそれが「神」とは認識しないでしょう。
しかし、常に宗教的な思考や感受性を持っている人は、「神に出会った」「我こそは神であり、すべての存在も神」「神の愛に包まれた」など思うかもしれません。

どちらにしても、そのような『高度な気づきと発見』は、瞑想が深ければ深いほど増えてきます。

  • 悩みがある人は、悩みの対象であるモノ(あるいは人。)のことが「どうでもいい」という気づきを導き出すかもしれません。
  • 潜在能力を発揮したいと願っている人は、自分のどこが制限してしまっているのかわかるかもしれません。
  • 漠然とした不安を抱えて生きている人は、やっとその原因がわかって、一本の線でつながり、すーっと心が軽くなる経験をするかもしれません。

どの気づきと発見にしても、これは本当の幸せなことです。
神の真理に触れたり、神と触れ合う感覚はまことに至福なものです。

まさに瞑想は人の心を豊かにするものだと言えるでしょう。
人は気づきの数だけ、成長していくものだと思います。
これは老齢になっても関係ありません。

瞑想を極めたい動機は人それぞれ

岩波先生は、自分の作り出す超瞑想状態を「神様・仏様に触れる」定義付けはしていません。
神秘主義者でもありません。
宗教色のないプログラムなので、そういうものが嫌いな人でも安心できます。
受けてから別料金が必要となることも一切ありません。

ただ神と出会いたくて瞑想をやり続けてきた人でも、その感覚を否定するようなこともしないと思います。
解釈は人それぞれに委ねられています。

それが神秘体験だろうが、宇宙の真理だろうが、過去が全てわかったり、未来の自分が見える、などといったものは、受けた人の心次第です。

瞑想はあくまで自分の脳の中で起こる現象です。
その認識や感覚が人それぞれでも、その人が至福感や恍惚感を持つならば、それはそれで素晴らしいではありませんか。


そういう意味では神に出会えるかといえば否ではなく是です。
神と出会った認識がなくとも、脳の神秘性は誰でも味わえるものですから。

ただし一人で瞑想をやり続けていると、神仏と出会えるどころか、自分の心の悪魔(抑圧や心の傷)と出会ってしまう危険性はありますのでご注意ください。 

なぜ瞑想がさっぱりな私でも深い瞑想状態に入れるようになったのか?【岩波英知の誘導瞑想技術口コミ体験記】

瞑想が駄目だった医師が瞑想が得意になった方法

深い瞑想を味わえるようになった

私は未熟者ですが、それでもはるかに次元の違う瞑想状態を同じ志を持つ仲間よりも体感できています。

不世出の鬼才と私が思う岩波英知先生が誘導してくれる瞑想状態(いわゆるトランス状態)と、自分で作り上げる瞑想状態がありますが、岩波先生誘導のトランスのすさまじさは、体験した人がたくさんの驚きと感動の手記を発表しているので、そちらにもお任せしたいと思います。
(オフィシャルにも覚醒瞑想状態の体験談が書かれてあります)
私も折があれば書いていきたいと思っています。

瞑想が急に深まった理由


なぜ私は、ずっと別の所で瞑想や座禅、内観、自律訓練法をやっても、なかなか変性意識が上達しなかったか?
それは雑念や様々な自意識に邪魔されて、それに振り回されていたからです。

では、なぜそんな私でも深い瞑想を自力で作り上げられたか?
人間技ではない技術を開発した岩波先生が脳の条件付けをしてくれたから、そのすごい体験を脳から引っ張り出すことさえすれば、よくなったからです。
まあ、引っ張り出すと言っても、これもコツがあるのですが・・・・トランス呼吸法やイメージの力とかですね。


岩波先生誘導のトランス状態を私の脳が体験することで(衝撃と感動、言ってみれば「凄み」)、次から私が呼吸法や想像に浸ることで、簡単に瞑想の回路が開いてくれるようになりました。
第二次世界大戦のアメリカ軍の対日戦略じゃないですが、飛び石作戦みたいなものです。

コツコツ瞑想をやってもたった一日で深さを更新してしまった衝撃

私のチャレンジしてきた瞑想法は、どれも一歩一歩進んでいくものです。
私のような人間は、やっと5歩進んでいても、性格や取り組みのまずさもあって、3歩後退してしまうのです。

後退のまずさを知ってしまうと、焦りが生じてしまって、遅れを取り戻そうとしてしまいました。
そうすると一進一退の攻防が続いて疲労だけが残ります。

私の知人友人仲間に聞いても、みなさん同じような体験をしていました。

そして中途半端に自分の心を覗いてしまうと、押さえつけていた悪い感情が出てきてしまし、しかもそれを処理できない最悪な状況になる可能性もあります。
ただリラックス状態に浸れればいいけれど、そういう瞑想の危険性もあります。
特に、瞑想を頑張ろうとする人は、心に抱えるものがある人が多いので気をつけなくては取り返しがつかなくなります。
それで向精神薬に依存するようになったら、何のための瞑想かわからなくなりますよね。

深い瞑想状態を味わえたらこちらのもの

脳の条件付けについて書きましたが、脳は一度体験したものを、いつまでも覚えている、ということです。
その性質を逆利用したのが、岩波先生の技術だと思います。

先生の瞑想誘導法は、最近どんどん進化していて、「え、なんでそれで?」と思えるぐらいすごいものです。
なぜ単純なこんなことで、人は一瞬に夢をみるのか? 別の世界にいってしまうのか?(すぐ戻れますのでご安心を)
おそらく技術は進化するほど、単純化していく、ということでしょう。
ピカソが、子供でもかけるような抽象画に到達したかの如く、ですね。


その岩波英知先生の条件付けを、私の脳が覚えてくれていることで、私は次から簡単に(というと語弊もありますが)深い瞑想トランス状態に入れるようになるわけです。
だから、飛び石作戦のように、後退することなく、ぽんぽんと上達していきました。

瞑想はすごいといえども効果のない瞑想をやってはいけない

加算の瞑想法をやっていた私が、積算の瞑想法(もしかすると二乗の瞑想法か?)をやったことで、私自身でも驚くほど深い心地よい瞑想状態に浸りきることができるようになりました。


加算の瞑想法をやっていると、脳がなかなかインパクトを感じてくれません。
脳の原始的な本能部分までおそらく届いていないのです。

だから、いつまでたっても私のような非達人は、脳が進化せず同じ所をグルグル回ってしまうだけなのでした。
人によって、もう引き返せない状況で、悪い感情だけを味わう危険性もあります。

岩波先生の人柄や理念が究極の技術を生み出せた

最後に書いておきたいことは、岩波先生は特殊な能力(超能力など)を持っているわけではないということ。
超魔術とか気功とかのたぐいではありません。
長年の研鑽と勘とデータとノウハウで、人の脳を変化させる方法を掴んでいます。

脳科学者のように理論だけの世界ではなく、かといって、超能力系でもなく、人の脳の動きにのっとって、実際にすごいすごい特殊な脳と潜在意識の世界を味あわせてくれます。
私自身、超能力、オカルトや変な宗教には興味がありません。
密教や座禅、ヨガの本を読んだりしますが、かといって信者でもありません。

また医師という職業柄、原因があるから結果がある、という考えの持ち主です。
逆に言えば、結果があるからにはその原因があると思って生きています。

しかし、脳の世界だけはどんなに研究しても、まだまだ理解が及んでいません。
だからこそ、私達人間の可能性は、脳にしかないと思っています。

だから、ずっと私は瞑想を通して、それを突き詰めたいと思っていました。
その究極系が岩波先生のもっている技術ノウハウだと思います。

早く強烈な瞑想状態に浸る方法【岩波英知の誘導瞑想法から得た情報】

瞑想状態とは脳が活性化していること

前回のブログで、瞑想状態とは、脳が特殊な状態になっている、と書きました。
逆に脳が特殊な状態になっている場合、すなわち瞑想状態だったり、その入り口に立っているということでもあります。

lgf01a201310281500瞑想が深くなるために、そして「すごい」と形容するしかないトランス状態に浸るためには、脳を活性化すればよかったのです。
しかし、活性化するのを待っていたら、その時は永遠に来ません。

長い時間を費やして瞑想をしてきても、雑念や自意識、苦痛、焦りなどと結局戦う羽目に陥ったのが、私でした。

雑念や自意識が出たら最後、排除をたくらみますが、所詮騙し切れません。
哀しいことに、自分が自分に一番嘘がつけないのですね。

雑念や理性を少なくする方法

雑念をとる方法には、岩波先生の脳覚醒プログラム覚醒瞑想もあり)では、さまざまなアプローチ法がありました。
トランス呼吸法だったり、動きやリズムを使った方法であったり、ストレッチ方法であったり、と多種多様です。
その中でも、私が特に好んだ方法が、光の点滅です。

いまはLEDライトがだいぶ安くなっていて、性能も上がっていますので、光を点滅させている証明をぼんやり見ることで、どんどん自意識を取り除くことも簡単になっていると思います。

強い光だと目が潰れてしまいますので、ずっと見ていても眼に負担が来ないライトがいいです。
もし、光が強くて見ていられない場合、まぶたを閉じても大丈夫です。(でも一人では絶対にやらないでください。岩波先生の指導が不可欠です)

トランス呼吸法などと組み合わせることで、光の点滅は、ものすごい効果を発揮します。
ある一点に入り込んでいく感覚に襲われました。
外界と隔離されていて、その時に私は暗示を効いていたり、ひたすら呼吸をゆっくりしていたりするのですが、光の点滅を使わないでやるより、何倍も深く早く瞑想状態に襲われました。

どうやら光の点滅は、自意識を吸い取ってしまって、別の脳が作動する効果があるようです。
軽い変性意識状態の時に行うとなおさら初速がついて、吸い込まれていく感覚になりました。
普通の冷めている状態でやっていても、徐々に脳が何かの分泌物でくるまれていく心地よさを味わいました。

ただしてんかんの人は一人では絶対にやらないでください。
また一人でやって、中途半端な瞑想状態に入ってしまうと、押さえ込んでいた恐怖や不安や焦燥感が押し寄せてきて、それを消すこともできないまま苦しめられる可能性もあります。
だから、再度いいますが、岩波先生の指導のもとやってください。

自力瞑想ができるようになった

さて、脳がある種のインパクトを得ているため、非常に質のよい瞑想状態に入ることができます。
その時、プラス暗示を入れたり、抑圧された感情を根こそぎ解放することもできます。
まさに万能の脳になっていると思います。

雑念が邪魔で瞑想状態に入れない人は、光の点滅をつかって、取り除くことも可能です。
でも、ベースとしては雑念は、あって当たり前で、排除しないで、瞑想を続ける心構えが必要です。
光の点滅を意識せず、ただぼんやり目を向けたり、感じるだけで大丈夫です。
その時に呼吸法や暗示などを組み合わせると、そのどちらかだけやっていても、到達できない不思議な精神世界に入れることでしょう。

そして、最高に脳みそが休まります。
これ以上のリラックス方法はありません。
超激務の医師もそれで日々乗り切っているようです。

私も訓練のおかげもあって、雑念にとらわれず深く入れるようになっています。
戦ったりしない、打ち消しもしない、その中でやらせてもらう、という感じなのですが、ではまた今度で。

くれぐれもこれを読んで真似しないようにして下さい!
自力での呼吸法や瞑想が危険なことはこちらをお読み下さい。 

超瞑想状態になぜ入れるか、あなたが瞑想で結果を出せない理由

岩波英知先生の覚醒瞑想と脳覚醒状態の感想

深い瞑想状態を求める心

瞑想の可能性は果てしなく広い。
なので、瞑想に興味を持った人は、自分の目標を達するべく、深い瞑想状態を目指します。

そこから私達の心の奥で何かが開けるだろうと。
ある特殊な瞑想状態を目指して、座禅を組んだり、呼吸法をしたり、ひたすら己を見つめたり、修験道や修行、インドの苦行者のようなこともやっているかもしれません。

でも、何年経っても、ちょっと掴めたかな、ぐらいで終わっている人が私の周りでも多いです。
つまり、瞑想に入れば色々な特典がある、と言われても、実際に特典を得られる人なんて一握りです。

瞑想の現実は甘くありません

プロのお坊さんが座禅をいくらしても、浅いレベルで終わっていることが多いのが現実です。
そのレベルで『わしは開眼した!』と思うお坊さんがいたらお笑い話です。

瞑想は奥が深く迷いやすい

瞑想は下手をしたら、中途半端な瞑想状態に入ってしまうことで精神状態が悪化する危険性もあります。
(深まれば心の奥底が掃除されすっかりリセットされます。だから中途半端で終わらせることは危険なのです)

私も長い間様々な試行錯誤をしてきました。
あれもだめ、これもだめ、それならあれならどうだ? たまたまうまくいったが、どうにも壁が立ちはだかっている…
この繰り返しで、深い瞑想に入ろうとする行為自体、負担に感じました。

なぜ、うまくいった次の日にダメになるのだろう?

取り戻そうと焦れば焦るほど、泥沼にはまって行きました。
瞑想をすることすら恐怖感を持ったほどです。
一種のスランプに陥りました。

瞑想の効果を邪魔し潜在意識アクセスを邪魔する原因

こういうことは考えても解決しないものですね。
瞑想では、雑念や意図的な思考は、そのまま排除せずやることが大事ですが、いつのまにか私は考えに考えて、うまくいくための方法を模索していました。
簡単に人は罠にはまって、気づかないまま老いていくものです。

知恵という脳内の表面的な世界で追求すると、ゴールにはたどり着かないものでした。
知恵と理性、考え、思考、意図などといったものは、瞑想に何の役に立たないどころか、悪性腫瘍になるものです。

従来の瞑想法で究極の瞑想には至れない理由

従来の瞑想の方法は、一プラス一プラス一プラス・・・・と加算していって、ある意識の世界に入る方法でした。
そうやって脳みそが、様々な日常で使っていない部分が活性化して瞑想状態に入っていく、と私は認識しています。
つまり、特殊な脳みそになれば、瞑想状態に入れると言うことです。

徐々に徐々に前に進んで瞑想状態を深めていく(今となってはとても効率が悪いですね)。
理想は1が2,2が4,4が8と深まってくれることですが、至らぬ私は1が2になったら、次の日には0,5になってしまって、いくらやっても、せいぜい4の深さがいいところでした。
でも、みなさんそう簡単にいっていないようです。

一瞬で過去最高の瞑想の深さに入れさせてくれる方法

私の瞑想の師匠の岩波先生は、そういうありきたりの方法をしていません。
特殊な脳みそ=超瞑想状態、ならば、最初から特殊な脳みそを構築したら、簡単にしかも究極の瞑想状態になれるということを突き止めました。

卓越した思考や発想の転換など、常人の発想を持っていない岩波先生は、そういう意識のもと、トランス状態を究極に高める技術を何十年も開発してきたそうです。

もともと天才的な感覚的な人なので、そういう分野に執着して研究して技術を開発していけば、誰も追いつけない圧倒的な技術を開発するまでに至ったそうです。

しかも、肝が座った人なので、人がやらないことでも平気でやっていくことができ(よくできるなと医師の立場からも感心します)、今では普通の人では理解不可能な超瞑想状態を作り出せるノウハウを持っています。

現在世界最高の誘導瞑想の達人

私がこうやってブログで偉そうに書いていることは、私の体験記をのぞけば、岩波先生の受け売りが多いです。
私みたいな者が、理論を振りかざしても、岩波先生のように技術として確立できないのですが、先生は実際に成し遂げてしまっていることがすごいです。

なぜみんなトランス状態とか究極の瞑想状態を岩波先生のもとで受けて、「すごい!」「やばい!」「ありえない!」という感想ばかりなのかといいますと、特殊な脳みその状態を作り上げることがすごいからです。
岩波先生は脳がどう作動するかのスイッチを知り尽くしています

これは物理的にここを押せばそうなるといったものではなく、その人の思考の流れから脳の意識の流れまでちゃんと把握して出来る事なので、真似は決してできないなと思わせるほどです。
贔屓目なしに世界で最も脳内の深淵に迫ることができる人です。

どうやれば脳がインパクトを受けて、活性化したり、作動し始めるのか、隅々まで知っている人です。

岩波先生の誘導瞑想法の発想がすごい

いわば逆算の瞑想構築法なんですね。
スタートラインが、他がゼロから一に、そして、二、四・・・・・とどんどん深めていく方式(あくまで理論上では。)なのに対して、岩波先生のトランス誘導技術は、いきなり100に脳の状態を一瞬にして作り上げてしまいます。
100の状態は、とても特殊な脳みそになっています。様々な脳内の神経伝達物質が出まくる状態です。

体験した人なら、「あああれが!」と思うかもしれませんね。

脳内が100の状態から始まるので、すぐに200,1000、・・・・・と深まってくれます。
積算の状態で深く深く究極の瞑想状態に入っていってくれました。

極上の深い体感を脳が覚えていてくれる

脳みそは、一度体験したインパクト(100とか1000の状態)を必ず覚えています。
そして、その体感を下回ることはないのです。
瞑想状態の体感レベルがどんどん引き上げられていくのです。

麻薬をやった人間が、もう自分の脳がその味を忘れられなくて、中毒が治らないという状態があります。
これは非常に不自然なドラッグを使うから、中毒になって身も心も廃人となってしまいます。

でも、脳覚醒状態=超瞑想状態は、自分の脳みそが作り出す脳内モルヒネやエンドルフィンなので、まったく中毒性はありません(そこは心配しないで大丈夫です。非常に自然な神経伝達物質の分泌ですから)
しかも、脳が「味」を覚えていてくれます。

だから、回数を行うごとに、100が200,200が400、時には400が2000になったりします。
もう『ドラゴンボール』のサイヤ人の戦闘力状態です(笑)

一方で、私のやってきた瞑想方法は、レッドリボン軍と戦っていた時の孫悟空の戦闘力でしょうか(笑)
いやひたすらうろたえるだけの一般人の戦闘力だったかもしれません。

誰でも深い瞑想状態に一瞬で入れることが奇跡

そういう革新的な方法を使えば、誰でも!深いあり得ない瞑想状態を味わえます。
私が実際どんな人でも深い状態に入るようになっているのを見ているので、それは間違いありません。

それは雑念や理性を超えたものなので、瞑想を突き詰めたい人にとっては、語弊があるかもしれませんが、とても簡単に入ることができます。

しかし、一瞬で何十年分の座禅やヨガの訓練を超えてしまうことに、岩波先生の技術の凄さがあると思います。
特別な人間だけに許されるものではなく、誰でも入れる、これは凄いことです。

瞑想とは固定観念を捨て去ること、固定観念を捨てれば道は大きく開ける

もしかしかたら、そんなものありえない!と決め付ける人がいるかも知れません。
それまでの努力の無駄を認めたくないからです。

またある固定観念を捨て切れないからです。
でも、前に書いたように一切の固定観念を捨てることから、瞑想は始まると思います。
それがないままだと、瞑想に励んだ時間だけ、人生の貴重な時間を無駄にしていくことになります。

そんな人生は私は嫌です。
瞑想に期待をかけていただけに、瞑想に裏切られる(ひいては自分の心の裏切られる)ことはもう二度とたくさんです。

岩波英知先生誘導の脳覚醒状態ってどんな瞑想状態のことか?(覚醒瞑想体験談)

岩波英知先生誘導の覚醒瞑想状態とは

このブログ記事のまとめから

究極の瞑想状態について、私の体験と感想を共有したいと思います。
これは、誰でも経験でき、聖者や修行僧だけの特権ではありません。
瞑想状態になると、固定観念が崩壊し、脳と自分自身の可能性が無限に広がります。

この状態は、「無」のすがすがしい世界で、ストレスが完全に消え、感情が揺り動きます。
また、この状態は理性ではなく直感が優位となり、インスピレーションが湧き出てくることもあります。

岩波英知先生の誘導技術により、私はこの深い瞑想体験をしたとき、その心地よさと感動は言葉では表現しきれないほどでした。
その情報を書いていきます。


瞑想状態を言葉にすることは難しい

精神的な世界を言葉で表す時、雲をつかむような文章になってしまうのは、しょうがないことなのでしょうね。

深い瞑想状態が「かくかくしかじか」で「こういうものなんだよ」と書いても、おそらく瞑想状態の体験を実感としてわかっている人にしか理解できないものだと思います。
瞑想に興味があっても、まだ大きく意識の流れが変容することを味わったことがない人は、それこそ雲をつかむような話なのでしょうか。

私も、「瞑想状態とはこういう状態である」と書かれてある本や体験談を読んでも、ピンとこなかったものです。
「私でもなれるだろうか、他の人はできても私は到達できないのではないか」と自信なさげになりました。
ただ、すべて実感していないから、こんな思考になる。
これに尽きます。

ある次元に達した瞑想で人生が一変してしまう

なので、ほんとうにそんなすごいことがあるのか? と半信半疑な人は、自分でやって実感してみてください、としか言いようがありません。

しかし、絶対的なすばらしい瞑想状態(超瞑想状態・脳覚醒状態ならば驚異的に凄い)があることだけは、体験者の声として強く訴えたいと思います。
それが私のブログの趣旨ですから。

今まで瞑想や座禅やヨガ、そして呼吸法などで瞑想状態に入れた人なら、これから書く超瞑想状態について、少しはご理解頂けると思います。
ちんぷんかんぷんな人は、こういう状態になれると知るだけでも価値があると思います。
しかも誰でもなれるものであることは固く約束します。

聖者や修行僧だけがなれるものではないのです。
実感が湧かない人もいるかもしれませんが、もしその人が超瞑想状態(=トランス状態)を経験したら、すごく感動すると思います。

自分が考えている固定観念が崩壊していきます。
同時に脳の可能性、ひいてはあなたの可能性がとんでもなく広がっていることにも。
心とは精神とはいかに奥深く神秘性に溢れ、高尚なものなのかわかってしまいます。

私の深い覚醒瞑想体験

私も思い出すと、はじめて実感として強烈な意識の変容した流れを体感した時、あれほど感動したことはありません。
岩波先生の神業的な誘導技術で入れたとき、とにかくすごさと感動で、「何なんだ、これは!!」状態でした。
思考も動きもストップする無のすがすがしい世界って、本当にあるものなんですね。

無念無想に至れた人間は、ストレスが完全になくなります。
浄化されていきます。
それがとても気持ちが良いのです!

そして心地よさと感動に浸りながら、深い脳の部位が活性化していくこともわかります。
いつもの理性を使う脳の部位とは違うのです。

無の自分に至り、直感が研ぎ澄まされていく感覚

空白の後、私ははじめてのすごい瞑想体感に、子供のように、いい大人がはしゃいでしまったぐらいです。
あの時、私は子供の純粋な脳になって、まっさらな気持ちで感動していたと思います。
ああ、解放感や自由っていいものだと思えました。

同時に感覚と感情がものすごく揺り動いていました
渦巻いていたといっていいと思います

自分の想像を超えた体験をしたら、誰でもそうなると思います。

しかし、私のように瞑想や座禅、ヨガなどをかじってきた人間でもそうなるのですから、初心者がトランス状態や脳覚醒状態を体感したら、しばし呆然とするでしょう。
おそらく自分の状態に自分が一番信じられないと思います。

直感、いわゆるインスピレーションが湧いてくる感覚にも入っていきます。
自動的にこちらの努力もなしに、直感を生み出す脳が作動してくれます。

理論的に捉えたい私も究極の瞑想状態は表現が難しい

私の超瞑想状態の感覚を文字にしていきますが、「ぽかーん」となる人、「わかる!」と膝を打つ人、様々な受け止め方があると思いますが、一人の人間の感想として温かい眼で見守って下さい。

私は決して感覚一辺倒の人間ではありません。
一応理性もあり、またその限界を知っている人間でもあります。

これまで多くのことを学んできましたが、そのほとんどは本からでした。
だから、私には深い瞑想状態を経験したところで、従来の表現しかできないことがつらいです。

シュウの瞑想体験

私の超瞑想体験(脳覚醒状態)は以下の感じでした。
毎回変化するので、これがすべてではありません。また人によって感覚も表現も違ってくることを最初に書いておきます

岩波英知先生誘導の脳を覚醒させる技術について私の体を何かベールのようなものが包みこんで、どんどん意識が一点に収縮していく感じを覚えた。

そこには難しい考えも思考回路も何にもなくて、ひたすら心地よい。

私の内部の中の意識の流れと外界が完全にわけ隔てられて、外界の雑音、騒音すらも心地よい。

次第に手や足の感覚、お尻の感覚もなくなっていき、体がふわふわ浮いた状態になった。

眠るよりも非常に心地よい状態で、しかも意識はある。

しかし自意識や雑念といった重たい嫌な「意識」ではなく、無意識が有利の状態なのだろうか、ひたすら感じる脳みそが優位になっている。

感情も非常に沸き立ち、しかし嫌な感情はない。

心地よすぎて、おそらく外から見た私は、幸せ満面な浸りきっている顔になっていることだろう。

泣こうと思えば泣ける状態でもある。

いつも感情を抑え込んで人間は理性を使って生きているけれど、その時の私には理性はなく、すべてが高度に調和していた。

しばらくその超瞑想状態に浸っていると、もう何もかも動きたくない状態が増した。

しかし、めんどくさいから動きたくないのではなく、あまりの心地よさを味わいたいから動きたくないのだ。

どんどん心地よい感覚に浸っていると、ますます脳内モルヒネ、エンドルフィンなどがますますベールに包んでくれる。

静かだが、意識の流れはダイナミックな感じがしたり、体のパーツに意識を向けると、キリのようなふわーと分散していく感覚になったり、体が落ちていく心地よさを味わったり、ベロベロに気持ちよさに打ちのめされる。

リラックス感はゆっくりと流れていると思うかもしれないが、強烈な力強さを持ったリラックス感だ。

それがどんどん私に注ぎ込まれる感じだった。


これは岩波先生のみ作り出せる脳覚醒状態やトランス状態の感想です。
(こちらに脳覚醒プログラムを受けた人の体験記が掲載されています)

一番直近の感覚体験を描写してみました。
呼吸法の訓練や思考の流れの訓練を励めば、誰でもいけます。

自己暗示の力と呼吸法

ちなみに岩波先生は呼吸法の達人でもあり、トランス呼吸法と自己暗示で(痛くないという暗示かな)、麻酔なしで顎の骨を削ったことがあるそうです。脱帽です。
いくらその道の達人だとしても、自らチャレンジするなんて、すごすぎます。

痛くなかったそうです。
麻酔医泣かせですね。
執刀医も執刀医です。
いくら、岩波先生が「やってほしい」と言っても、よくやれたなと思います。

が、通われている人で深いトランス体感をした人は、少なからずそれができるようになるそうです。
私もできるよと言われました。

それにしても、自らチャレンジしてみるなんて、岩波先生は豪傑ですね。
そういう肝の座った人だからこそ、あのような技術を開発できたのでしょう。

岩波先生の脳覚醒技術と言われるものは、神業の次元に達しています。
人間技を超えています。

私も自己暗示をかけられるようになっている

今の私なら想像できます。
なぜなら脳内モルヒネやエンドルフィンが出て着る状態は、本当に痛いという感覚すら鈍ってしまうのですから。どんなにつねられても(試してみました)、私でも平気でした。
だから、超瞑想状態を自分でつくることができたら、無限の可能性があるということですね。
本当に可能です。

みなさんも麻酔なしの手術にチャンレンジしてみましょう(笑)
自己暗示の力は偉大なのです。
私もいつかはチャレンジしてみたい。

オペ患として。
しかし、患者さんに麻酔の暗示を変えて、麻酔薬なしに手術できれば、麻酔医はいらなくなりますね(笑)

瞑想は古い? 効果がない? そもそも瞑想状態ってあるの?

瞑想の効果の可能性

167

本当の瞑想状態に深く入れた人は、心の根底と人生までも変わっていってくれます。

でも、瞑想状態と言っても、ピンからキリまであります。
何年も瞑想の状態の入り口で止まっている人もいれば、神秘体験までいった人まで様々です。

  • ずっと雑念と格闘して、そこを乗り越えられない人
  • 瞑想状態になるために座禅を組んだら、途端落ち着かなくなる人
  • 瞑想を理性で捉えようとしてしまい、ますますわからなくなる人
  • 瞑想状態になると恐怖と不安でたまらなくなる人

がいる一方で、

  • 神秘的な体験としか表現できない体感を得るに至った人
  • 神様仏様に出会った人
  • 全世界生きとし生けるものとの一体感を味わった人
  • とんでもない至福体験をした人
  • 恍惚感や多幸感につつまれた人
  • 突如脳が覚醒した人
  • 悩みがすーっとひいていって楽になった人
  • 宇宙的意識に目覚め、宇宙の真理、宇宙の叡智、宇宙との一体感を実感した人

という人まで、実に多種多様です。

瞑想は求めれば求めるほど消え失せてしまう

そして、瞑想をやったとして、前の日に瞑想状態に浸れても、今日は入れるかどうかもわかりません。
神秘体験にたまたま入れた人でも、二度と何十年やろうとも体験できなくなった人は大勢います。

つかもうと思えば思うほど、逃げていってしまう幻のようなもの
でもあります。

瞑想といっても、人それぞれの体験によって、価値観や達成感が全く違っています。
神と一体化した、という人がいるけれど、同じ深い瞑想状態になった人でも、その感覚がわからないという人もいます。

でも、パチッと何かに気づき、目覚めた時すごいやる気になることこそが、瞑想最大の成果だと思っている人もいます。
どちらが上とかではなく、その人が満足か、何かつかめたかが重要です。

非常にはかなく繊細な瞑想というもの

とはいえ、瞑想を伝えることはとても難しいですね。
瞑想状態はたしかにあるけれど、それを言葉で文字で伝えることは難しいからです。
あくまで瞑想状態を体感した人の主観の中で終わってしまいます。

私もまだまだ深い瞑想状態を体験していない時、先輩方や誘導瞑想の師匠(岩波先生)から
「こんなに超瞑想状態はすごい、ありえない、やばい」と聞いていても、実感としてはつかめなかったですから。

有名人やステータスのある人と瞑想

だからこそ、瞑想は奥が深く、追求しがいがあるのでしょう(ここに瞑想の罠が潜んでいる。下手をすると貴重な時間を無駄にするだけで、何の効果も得られない)。
実に多くの有名人が追い求めてきました。

有名人ではスティーヴ・ジョブズやデヴィッド・リンチ、クリント・イーストウッド、ビル・ゲイツ、リチャード・ギア、稲盛和夫などなどたくさんいます。
(2017 1/13追記:ジョブズは生前に私の師匠の岩波先生の誘導瞑想技術の噂を聞いて受けたがったそうです)

医師もたくさんの人が瞑想をやっています。
可視化できない世界なだけに、精神科医以外の医師も興味を持つ分野だと思います。
かくいう私もずっと追いかけてきました。

しかし、なかなか瞑想の真髄を極めることは大変でした。


瞑想が出来る、これは幸せなこと

日本は世界でも瞑想、禅、ヨガ、気功といった精神修養に関する環境が整っています。
これは幸せなことです。

私は瞑想は、やればやるほど価値が上がっていくと思っています。
そしてやればやるほど、上達を実感できる不思議なものです。

一方で、一度道を誤ると、やればやるほど焦りの世界に入って、きつくなったりします。
だからこそ、私は瞑想に関するブログを書くことで、瞑想の罠から脱し、貴重な時間を失わない人が多く増えれば嬉しく思います。

そしてブログを始めてみますと、多くの人が瞑想の道に迷っていることも知りました。


超瞑想状態、覚醒瞑想状態のすごさ

でも、瞑想が深まっていると思っている人でも、さらに深い超瞑想状態、脳覚醒状態という精神状態があるのを知っていますか? トランス状態とも脳覚醒状態とも言われています。
実は私はそれを体験しました。
本当にビックリしました。こんな世界があったのかという驚きです。

すごいとしか表現できない状態です。
ありえない脳と全人格的な体験です。

おおげさではありません。
また妄想でもとち狂ってもおりません(笑)
そしてずっと瞑想で時間を潰してきた人でも、誰でも体験できるものです。

脳はすべての感覚を記憶している

私が経験してきた従来の瞑想方法と、超瞑想状態(驚きと感動の連続!)についての体験を二つの柱として書いていきたいです。

私が強く推薦したい瞑想方法は、一種の誘導瞑想法です。
瞑想は自分一人の力では、限界が必ず来ます。

行き詰まって、瞑想に励んだだけ時間を無駄に費やしていきます。
限界が来ない人は、お釈迦様だけでしょう(笑)

脳は超瞑想状態、覚醒瞑想状態というものを味わった時のことを、決して忘れません。
だから、いつでも、その深い世界を脳に再生することが出来るようになります。

私は今では高確率で、一人でもとんでもなく素晴らしい瞑想状態に入ることが出来るようになっています。
その入口として、超凄腕の岩波先生という方の誘導瞑想技術が必要でした。
それなくして、私は瞑想の真髄を体感できなかったことは間違いありません。

瞑想で潜在意識の極地に入れる唯一の方法

これほどすごい瞑想状態(脳覚醒状態)を作り上げてくれる人は、世界に一人だけです。
岩波先生については、とても多くの人がそのすごさ、鬼才ぶりを書いていますが、想像を圧倒的に超えさせる実体験を導ける技術を有しています。

これに嘘偽りは全くありません。
できれば、今までの固定観念を捨てて、私の瞑想体験ブログを読んでくれるとうれしいです。

もう二度と瞑想で貴重な時間を失っていかないためにも。
瞑想で追求したい目的を少しも達成できず、深く突き抜けることもできず、悶々としながら瞑想を続けることは悲惨なことです。
その時点で瞑想をやる意味がありません。 

瞑想を超えた超瞑想状態

瞑想に心惹かれ、瞑想の可能性を信じている方への挨拶

瞑想を追求して、各々の目的を達成しようと励んでいる皆さん、はじめまして
シュウという瞑想バカ(潜在意識・無意識追求バカ)です。
医師をやっています。

瞑想に興味を持っている方、瞑想に行き詰まっている方に強く言いたいことがあります。
普通の瞑想をやり続けても、夢や目的を叶えることはできません。
日々をほんのちょっと安楽に暮らせるかどうかといったところでしょう。

ストレス解消ができるかどうか(それも生きる上で重要ですが)が最大限の効果です。
瞑想は決して甘くはなく、理想通りに行くことはめったにありません。
下手にやると自分の抑圧だけを吸い上げてしまって(瞑想の魔境といいます)、精神状況が悪くなったりします。
もしくは、いつまでも変性意識に入れずに、ストレス解消どころかイライラしてしまいます。

だから、瞑想という方法に思い至った人向けに、本当の瞑想のすごさ、従来の瞑想のまずいところを含めて、書いていこうと思っています。

お付き合いください。
せっかくの瞑想に幻滅しないためにも。

瞑想の可能性と限界、理想と現実

meditation

私は世界で人間の精神ほど奥深いものはないと思っています。
深さが何層にも渡って終りが見えないほどです。

精神と脳の可能性は無限大です。
本当に底が見えません。

やるほどに先がある、上があることに気付かされる毎日です。
どんな人間でも瞑想状態になれば、あらゆる可能性の扉が開きます(ただし浅い瞑想状態では意味がない。いい景色を見て、温泉でリラックスしたほうがマシ)

うまくいくと瞑想状態によって、潜在意識、本能との対話、無意識のコントロール、能力覚醒すべてが可能になります。

しかし瞑想状態と言っても、浅い状態からものすごく深い劇的な瞑想状態まであります。
ただのリラックスから、神秘体験、至福感覚、霊的体感、恍惚感、宇宙体験、超感情状態まで、体感の質も違います。

そしていくら時間と情熱をかけても、深い瞑想状態に入れるわけではない(いや、迷走していく可能性のほうが高い)のが悩ましいところです。
脳をコントロールすることの難しさに直面することでしょう。

空前の圧倒的な瞑想の効果体験

私は瞑想を超えた瞑想状態、いわば超瞑想状態(=脳覚醒状態)の真髄を味わいました。
すごいとしか表現できない瞑想体感をしたことから、このブログを立ち上げることにしました。
そして、瞑想で時間をムダにしないためにも、私の失敗談、成功例を参考にしていただければと思います。

人間の脳はすごすぎます。
神秘性があり、脳は宇宙そのものです。
そこからすると、私の医学知識や経験値が幼児のそれに感じます。

これから超瞑想状態、脳覚醒状態の体験の紹介や、瞑想を追求する人向けの手助けになることを目指して記述を頑張ります。

瞑想法をやったからうまくいくとは限らない

瞑想は追求すればするほど無限ですが、先が見えないし現在位置を見失いやすいため、多くの人が道に迷ってしまっています
逆に瞑想をやったから、精神が混迷を深めていく人は山ほどいます。

真理をつかめるのは、知恵も理性も思考もすべてを超えた、第六感の世界、直感の世界に入った時だけです。

私も真理、世の中の流れを感覚的に掴んだことがあります。
その感動、宇宙とこの世の真理すべてを知っているような感覚は、私の存在を非常に高めてくれたと思います。
絶対的感覚、一体感、人生で最高の多幸感、自己肯定感、どんな言葉を持ってしても、その凄さや感動を表現できません。

私はどちらかといえば理性的な人間です。
医学知識もあります。
だからこそ、理性だけでは解決できないことにすごく興味を持っています。
眼に見えない世界にずっと心を惹かれてきました。

特に脳の分野はまだまだ未知の世界です。
本や書物や話では、決して到達できない世界を垣間見ることができたことは、これから先大きな財産となることでしょう。

瞑想で脳のリミットは解除できる

脳は偉大です。ほんとうにほんとうに偉大です。
実は自分の能力の可能性を制限しているのは自分しかいないのです。
その制限を外すのも自分です。

普段感じている日常の体感(喜怒哀楽など)、とは、もう何段階も飛びこえた体感が、あなたを待っているのです。
知らない扉を開くことを勇気を要します。
その勇敢な人だけが味わえる特別な突き抜けた世界がこの世には確実にあるのです。

あなたの脳みその中に必ず存在します。
奇跡はあなたの脳の中以外にはありません

瞑想は多くの可能性があるも威力はない

nouu_001

瞑想で何かを変えたい人、瞑想で壁を感じている人、やれどもやれども効果の実感が得られない人、一人の力では限界を感じている人へ。

下手をすると、瞑想に惹かれたために、時間を大きく潰して、何のために生きているのかさえわからなくなる可能性があります。
中途半端な瞑想は非常に危険です。


そして疑問に思ってください。
今までやってきた瞑想は、果たして心の瞑想状態にたどり着くための心の手段だったのか?と。
願望達成のために最適なツールなのか?
実感や体感がないまま、先に希望はあるのか?

もし一生懸命頑張ってきて、現在も深い瞑想状態に入れていないのならば、この先答えが見つかるなんてことはないと私は思います。
だから、今の瞑想方法を疑ってください。
そこから脳の覚醒、魂の解放、能力開発は始まります。

そんな瞑想法で願望が達成するほど、人生は甘いものではありません。 
プロフィール

シュウ

記事検索
脳覚醒体験、トランス状態関連リンク集
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
医師のブログ


【岩波先生の脳覚醒状態に関係したリンク集を集めてみました。脳覚醒プログラムやトランス状態について参考になると思います。クリックしてください】
















【瞑想やヨガ、座禅など精神的、神秘的なものを追い求めている人に役立つサイトです】





生きがいへ 瞑想、精神世界
記事検索
RSS
  • ライブドアブログ