超瞑想状態の劇的効果を体験した医師の脳覚醒ブログ 世界最強の瞑想誘導家岩波英知体験談

超瞑想体験、トランス状態(脳覚醒状態)の体験記を主に書いている医師(佐藤直樹)のブログです。 瞑想を中途半端にやってしまうととても危険です。 やるからには、超瞑想状態になるまでやらなければいけません。 この世には瞑想状態をはるかに超えた想像を絶する超瞑想状態(覚醒瞑想)があるのを知っていますか? その摩訶不思議で神秘的で衝撃的な体験(至福体験・恍惚体感)をブログに掲載したいと思います。 この超瞑想状態になれば、あらゆる可能性が開けることが実感できます。ホントに。 超瞑想状態や脳覚醒状態をとことん追求していこうというブログ。 建設的に人生の生き様を突き止めていこうというブログにしていきたいです。 岩波先生(希代の鬼才であり脳と潜在意識の魔術師!)の元で、あるいは自力で超瞑想体験を更に深めるべく頑張っています。 本物はある! 瞑想を本当の武器に変えるためにも、中途半端にやらずとことんやりましょう! 超瞑想状態の体験談を募集中。脳外科医佐藤直樹のブログ

無意識

名外科医が味わった究極の瞑想状態 脳覚醒(覚醒瞑想)体験手記5

岩波英知先生の覚醒瞑想体験記、野々村さんの瞑想遍歴
外科医の鈴木博先生の脳覚醒(覚醒瞑想状態)の体験記を紹介します。

ブラックジャックというハンドルネームで、ブログを書かれています。
先生のブログはこちら→外科医神経症闘症記

アマゾンから本も出ています 『医師が教える書痙・手の震え・あがり症治療法』


ブラックジャック鈴木先生は手の震えや書痙を解決するために、自律訓練法や瞑想法をやってきました。

(手が緊張で震えてしまうのは交感神経の過剰反応によるもののため、それを副交感神経の働きを優位にするためにやったそうです)
しかし、効果を得られないまま、症状も悪化してついには外科医をやめざるを得なくなる寸前にまで陥ったそうです。

現在のブラックジャック鈴木先生は、トランス呼吸法の達人の域に達しており、どんな疲労する職場環境でも、すぐに疲労とストレスを解除させ、脳をクリアにリセットできるまでになっています。
そこに至るまでの体験談を寄稿してくださりました。

お忙しい中、ありがとうございました。

なお鈴木先生の書かれている『脳覚醒』とは覚醒瞑想の意味です。




鈴木博先生(ハンドル名ブラックジャック)の覚醒瞑想、脳覚醒の体験記


私は外科医でありながら、手術時、偉い医師が見ていたり、人が私の手元を見ていると感じた時に手が震えるようになってしまいました。

それを止めるために、自律訓練法や瞑想法という精神修養ができる方法で、過度の緊張を抑えようとしてきました。

シュルツ式自律訓練法、TM瞑想、ヴィパッサナー瞑想、阿字観瞑想、座禅瞑想など一通り(浅くでしたが)かじりましたし、その手の本を読み漁ってきました。

しかし、どうしても自分をコントロールできなかった。

瞑想状態や変性意識状態というものがどういうものかさっぱりわからなかった。

これが瞑想状態かどうかわからないまま、ちょっとウトウトした状態を味わいながら、今となっては無駄な時間を過ごしてきたと思います。

瞑想にはもっとすごい可能性があるはずだと思ってはいても、自分がそうなれない悔しさがありました。



せっかくの瞑想の効果を味わえないまま、私の意識の強い思いに反して、交感神経が暴走し動悸や震えや緊張状態が止められなくなっていきました。

瞑想や自律訓練法に期待をかけていた私の淡い希望は打ち砕かれました。

しかし、他にどうしようもないまま、いつか瞑想状態や変性意識状態に深く入れるようになって、自分の症状が軽減することを期待するしかありませんでした。

今思えば、瞑想というもの、自分の内面というものを甘く考えていたと思う。

瞑想の本にはリラックス効果やもっと突き抜けた神秘的な体感、それによる心身への好影響が書かれてあったが、単に知ることと実践することの格差はどうすることもできませんでした。

こんなに瞑想や自律訓練法が難しいものとは思いませんでした。



今は呼吸法で瞑想状態に入れる秘訣を知識ではなく感覚で掴むことができたという自負があります。

が、当時はあまりに結果を求めすぎていました。

震えをどうにかしなければ外科医をやめざるを得なくなる危機感でやっていたため、目先の効果を追い求めてしまっていたからです。

だから、早く効果を得たい人には瞑想は期待に応えてくれないものなのか。

目を閉じると不安や焦りが押し寄せてくることもあり、瞑想は一人ではやってはいけないと思いました。

ライフワークとして無目的に瞑想をやれる環境の人、喫緊の課題がない人ならば一人でも効果的だと思いますが、一刻も早く大きな効果を得たい人は誘導される瞑想法がいいと思います。

瞑想や自律訓練法に見切りをつけ、しばらく私は悪戦苦闘しながら、ぎりぎりの状況で仕事を続けていました。

瞑想をすることが嫌になり、瞑想をしようと眼を閉じた時点で苦痛を感じ始めるようになったからです。



紆余曲折を経て、やっと私は岩波先生のプログラムに参加できました。

瞑想を一度諦めてからも、自分の無意識の問題を解決する必要があり、それができなければすべてが無に帰すのだと考えていました。

外科医にも神の手を持つ神医がいるように、瞑想や無意識世界においても、必ず本物がいるはず。

その天才的な存在が岩波先生でした。




先生が誘導する脳覚醒状態、トランス状態は、瞑想という概念の範疇のはるか上に位置していました。

言葉にならない衝撃、ついに出会えてしまった感動がありました。

これを正確に読み手に伝えることは不可能な体感ですし、先生の施術を体験した人は納得していただけるでしょう。

瞑想や自律訓練法で何の効果も得られず、瞑想状態がなにかもわからず、一度挫折した男が、究極の瞑想状態を瞬時に味わえてしまったことは、常識ではありえないことでした。

それが神の手を持つ人の誘導で簡単に起きてしまったのです。

私のような瞑想の落ちこぼれですら、毎回究極を体感し、次回はさらに上の究極を超越してしまう。

本物の超越した瞑想とはこれなんだと思います。

3年瞑想をやり続けても、最初の一回か二回で確実に超越した瞑想状態に入れてしまうのだから。



岩波先生の脳覚醒のすごいところは、瞑想への感覚が鋭い人(向いている人)にとっても、私のような瞑想の挫折者であっても、資質関係なく究極の瞑想状態を味わえることです。

そして体感に惰性がないことにある。

人間の脳は最初は新しい刺激を新鮮に感じて感動を覚えるものだが、二度三度続くと感動も刺激も薄らいでいきます。

しかし、脳覚醒のすごいところは同じ感覚が3度と続かないところにある。

また先生が様々な質や色や次元の瞑想状態を、リクエスト通りに導いてくれるところにもある。

だから常に脳は新次元的新鮮さを味わえ、決して惰性に陥ることはないし、より無意識の問題の解決も自動的にされていく。



脳は一度味わった深い体感をずっと覚えているため、脳裏に焼き付いた感覚を、私は呼吸法でいつでも味わえるようになっていきました。

それも嬉しい驚きでしたが、今も大きな人生のアドバンテージになりつづけています。

やっと私は瞑想の本で書かれてある効果効能を、自分の手でも掴むことができたと思います。


そして瞑想の本で書かれてある以上の超越した体感が、岩波先生の誘導で味わえました。

究極の瞑想状態に入ると、それだけで無意識の問題が自動的に氷解していきます。

偉大な浄化能力が働くのです。

体の芯から緊張がいい意味で抜け、脳がクリアになりながら、集中力や広い視野、すべてを見通せる能力が出てきます。

感覚的に繊細で脆いところがあった私が、脆さがなくなりながら、メス先まで自分の神経が通っているような一体感になったり、様々な嬉しい効果もありました。

そういう意味では瞑想は偉大だと思います。

その偉大さを味わえぬまま瞑想を続けることはもったいないことだと思います。


鈴木博 外科医




ご寄稿ありがとうございました。

多くの人が瞑想をしても効果を味わえず途中で挫折しています。

本にはいいことが書いてありますが現実に自分に適用するとなると本当に難しいものがあります。

しかし、瞑想には偉大な可能性があるという鈴木先生の言葉で、もっと瞑想を続けたい、極めたいという人も出てくるのではないでしょうか?

呼吸法でいつでも自分を完全にコントロールできるようになった話もすばらしいです。

ブラックジャック鈴木先生の呼吸法に関するブログはこちら


覚醒瞑想(脳覚醒)を受けた方の話:超瞑想状態と劇的効果の体験記

超瞑想状態を味わった方の体験記紹介 覚醒瞑想、脳覚醒を体験した方の手記




【岩波英知脳覚醒プログラムと瞑想のコツ】超瞑想状態に入るために知っておくべきこと5

瞑想と潜在意識の底につながる方法と岩波英知先生の覚醒瞑想方法

瞑想や潜在意識の世界をとことこん突き詰めたい人へ

ドリームアートラボラトリの岩波英知先生がやっている心理・脳内プログラムなら、どのプログラムを受けてもいわゆるトランス状態・超瞑想状態の体験ができるでしょう。
それがまずベースです。

その中で一番瞑想に近いプログラムが不世出の鬼才岩波英知先生の『脳覚醒プログラム』になるかと思います。(『覚醒瞑想』のサイトもオープンしています。)

過剰表現? 脳覚醒の宣伝文句に偽りなし

『世界最先端の瞑想体験』と書いてありましたが、これは誇大広告ではありません。
まさに地球上で最も進んだ最も深い誘導瞑想技術です。
岩波先生にしか見えない脳の世界があり、何をすれば脳の深い位置にある扉が開き、覚醒させることができるのか長年の末研究し発見したそうです。

私なんかの凡人には及びもつかない脳内の世界を確実に知っている人です。

岩波先生のプログラムはたくさんあって、何をしたらいいか迷うと思います。
まあ、あんまり厳密にこのプログラム(脳覚醒プログラムなど)を受けなければ瞑想体験ができないと言うことはなく、かなりファジー(死語か)でアバウトだから、迷う必要もないと思います。
心の悩みが強い方は、それ用のプログラムがありますから。

やはり瞑想や自分の脳内や無意識・潜在意識の世界に興味を持つ同士はいるもので、こちらに瞑想や脳覚醒について議論している掲示板がありました。
脳覚醒プログラム(脳内覚醒・能力開発・超瞑想体験)掲示板 体験者の集い
みんな刺激しあって頑張っています。

非常に人気の引く手あまたの先生

>岩波先生の作り込む瞑想状態や脳覚醒状態を体感したい人は、1コース料金を払う必要があります。
料金システムについてはサイトを参考にして下さい。
ただし人気抜群で世界中から引き合いがある先生なので、申し込めば受けられるわけでありません。
倍率はかなり高いものと思われます。
間接的に断られている電話を私はしょっちゅう聞いていました。

瞑想は、座禅など座ってやりますが、岩波先生のプログラムはやり方も想像を超えています。
こんな方法なんだ! と私は驚きました。
瞬間瞑想と言われるぐらい、瞬時に岩波先生は、ある意識の世界に誘導してくれます。

先生の指示通りやれば間違いありません。
色々な情報が出回っていますが、本物です。
体験した時に色々と驚いてください。

先生の技術は信じられないことばかりですが、自分が体感すれば信じられます。
そして瞑想をやってきた人ならば、瞬時に本物だと悟るでしょう。
楽しみにしていてください。

結果から物事をすべて逆算して考えられる岩波先生

岩波先生の哲学は「こうなったら理想、瞑想状態に入れたら嬉しい」レベルを追っているのではなく、「超瞑想状態に入る」ことから、そのためにものごとを逆算して考えていくものです。
「超瞑想状態に入る・誘導する」ために、様々な方法をそれで編み出してきたそうです。

結果からものごとを考えるやり方です。
これは成功者の発想と同じです。

だから、今までの方法とは違う瞑想誘導アプローチがたくさんあります。
ここでも固定観念を捨ててください。

最初の立ち位置から、トランス状態・超瞑想状態が始まるため、いきなり驚きから入ります。
そして、次第に脳と体と防衛本能が馴染んできて、極上の超瞑想状態に変性していきます。

先生の指導のもと、どれ一つとっても、超瞑想状態に入るために生み出されたものばかりなので、すべてにやる意味があります。
他ではない方法ばかりなので、固定観念や定番の発想では取り組まずに、白紙の状態で、岩波先生の言うことを聞いてがんばってください。

無になろうとしても無になれない、だからバカになれ

あとは取り組む時の思考が重要です。
これは瞑想をやってきて成果を上げている人なら、すぐにコツが掴めると思います。
見返りを求めず、どんな違和感とも消そうと戦わないことです。

岩波先生は「バカになれ」というのもそれと同意語でしょう。
理性や知恵は瞑想や潜在意識の世界には何の役にも立ちません
害毒に過ぎません。

これは瞑想法を続けてきた人なら同意してくれることだと思います。
とはいえ、それを外すことは非常に難しいものです。
私は瞑想をやっていた時、うまくいかなかったのもそこです。

しかし、岩波先生と出会ってから、瞑想への入りを阻害する要素を外すテクニックを先生が持っていたことから、非常に参考になりました。
理性や知恵を外すコツも私なりに掴めてきたと思います。

小利口は深い瞑想に入れない、馬鹿ほど瞑想で自分を変えられる

複雑に考えないこと、子供のような無邪気な心、それにつきます。
世の中も瞑想も単純明快でいいのです。(それが一番単純で難しいことなので、誘導瞑想状態で気づいていくのです)

考えに考えた末に、瞑想状態に入れると思っているのであれば、永遠に入れません。
考えに考え、考えることの無駄を悟った時ならば、入れますが。
世の中の極致は単純明快につきます。

単純ですが奥が深いのが瞑想の魅力ですね。
だから、現代人は瞑想状態に深く入れないし、入れても単発で打ち止めになるのです。

誘導瞑想法で深い潜在意識・無意識の世界に短期で到達する方法5

医学を超える世界

00831-450x337瞑想の一つの目的に、潜在意識・無意識のレベルに己を到達させるというものがあります。
私も内面世界である、深い深い深い潜在意識・無意識の世界に強く惹かれていました。

医学部に入り、研修医になり、医師として経験を積めば積むほど、その医学を超えた世界に心惹かれるようになっていったのです。
私の周りにも多くの人が瞑想や精神的な内面の世界に興味を持っています。

人間の最も秘められた世界がそこにあり、いまの医学では計り知れない『何か』がある
潜在意識や無意識、第六感と言われる世界に、好奇心が高まっていったのです。

瞑想と潜在意識の理想と現実のギャップ

しかしそういう神秘的な世界があるとは言っても、実際に自分がそこに身をおくことなど非常に難しいことでした。
私にかぎらず、生半可なことでは誰であっても深い潜在意識のレベルには到達できません
瞑想のプロでも、偉いお坊さん(『神秘と魅惑の瞑想トランスへようこそ』お坊さんのブログ)でもなかなかできません。

私は、本当の瞑想状態の歓びを知るまでにかなり長い間かかりました。
まして岩波先生誘導の脳覚醒状態やトランス状態など想像もつかないことで、そんなものがあるなんて実際経験していない私には、雲をつかむような話だったのです。

瞑想は本当に甘くはない

とても瞑想は難しいものです。
それは雑念と自意識とイライラと焦りと不安との戦いです。
いや肉体的にも腰痛、背中のハリ、肩のこり、首の疲れ、足の痺れとの戦いです。
すべてのことが邪魔をしてきます。

それで瞑想が失敗した人はたくさんいますし、中途半端に瞑想状態に入り、心の悪い部分を覗いてコンディションが悪化し続けていった人も山ほどいます。
瞑想は中途半端でやってはいけないものです。

瞑想の世界に憧れる人はたくさんいますが、ほとんど挫折しているのは、それだけ難しいからです。
努力の割に見返りが得られないからです。

しかし、見返りを求めると瞑想は成立できません
雑念を排除しようと頑張れ頑張るほど、雑念にとらわれます。
周りがうるさければ静かな環境で瞑想を行うけれど、今度は鈴虫の鳴き声ですら邪魔になります。

人の心は厄介です。
心を中途半端にのぞきこめば、もっと厄介な目に遭います。

人生最高の瞑想体感と感動

しかし、脳は一度経験した絶対的感覚を忘れない性質があります。
私が瞑想の『求めれば求められず、求めないから求められる』矛盾を一気に突破できたのは、岩波先生の誘導瞑想技術でした。

岩波先生の作り出す【超瞑想状態、脳覚醒状態、トランス状態】と言われているものは、人外のような圧倒的絶対的な感覚です。
あらゆる理性も思考も日常的感覚もはるかに飛び越えた、私には宇宙的、根源的奇跡体感としか表現できません。

だから、脳はそれを記憶し、私が瞑想状態に入ろうとする時に、すぐに再生させてくれました。
自力での瞑想没入にもとても役立ちました。

瞑想の達人も歯が立たない

岩波先生は高名な人で、無意識、潜在意識の分野では知る人ぞ知る存在です。
プロの瞑想の達人でも衝撃を受けて、かつ、それ以上に感動すると言われる岩波先生の作り込む超瞑想状態は、容易に瞬時に瞑想体感をはるかに超えて誰でも経験できるものです。
だから心配いりません。

これは100%に近い数字だと思います。
先生もこれに関して常に研究していますし、天才的で鋭い人ですから、深い瞑想状態に入るための「脳のスイッチ」といわれるものを見つけ出しています。

私も先生と出会ってはじめて、自己の中に圧倒的な本能の強さや感情的抑圧のすごさ、どんどん湧き出てくるインスピレーションの力があることを発見できたのです。
これはいくら専門書を読み込んでも、50年瞑想に励んでも、私にも到達できない深さでした。

岩波先生だけが極度に深い瞑想状態に入るスイッチを知っています。

実際の体感に勝るものはない

それは理性や知恵では何万年かかっても到達できない、直感(インスピレーション)の世界です。
感覚オンリーの、それでいて無の世界でもある、とんでもない感動を運んでくれる精神状態でした(ちょっと意味不明でごめんなさい。体感した人ならわかりますよね)。
ここまでは、岩波先生のプログラム(脳覚醒プログラムや心理脳内プログラムなど)で近いうちに到達できることと思います。

それから先にあるもっと深い世界に到達するためには、さらに訓練が必要になるでしょう。
そこまで行かなくても、その世界の入り口ですら、人生でこれ以上の感動は私にはありませんでした
これ以上にもっと深まるってありえないだろう? と思えるものでも、次やると軽々と更新してしまう。

ここまで脳がすごいことになると医学知識は役立たない

ここにいたって、私は脳の無限性と可能性をはじめて実感できました。
医学知識では推し量れない世界に私はやっと到達できたのです。
それがとても嬉しかったです。

権威のある脳科学者が「脳は無限の可能性を秘めている」と言っても、その人が実際に心から感じ取って言っているのかというと、ちょっと疑問ですよね。
言葉だけだと思います。

体験に勝るものはありません。
私がブログに書くのもその体験をしたからです。
それも超越したものを体感することができましたから。

この誘導瞑想技術を体験しない人は後悔する

私は医師という職業柄、肉体について詳しいです。
でも、あくまで肉体的、器質的、内臓的反応に関することであって、脳内の出来事や無意識レベルに起こる内的体験に関しては、わかりようがありません。
どんな精密な顕微鏡でも見えないものですから。
だから、私はますます超瞑想体験、脳覚醒体験に惹かれているのでしょう。

自己の潜在意識に到達するってことは、日常では絶対あり得ないですし、普通に瞑想をやっていたのでは、変性意識に入ることすら難しい
その敷居の高さを軽々と(?)取っ払ってしまったのが岩波先生でした。

(別の意味での敷居の高さがあります。料金や人気殺到による予約のとりづらさがありますし、2017年の時点では岩波先生70歳となっているので、いつまでやっているかわかりません。先生が一般向けにプログラムを行わなくなる可能性もあり、そうなりますと今しか受けるチャンスはなくなります)

潜在意識のそこに到達すると深い気づきに至る

そういう意味では、私は非常に有意義な時間を過ごしていることになります。
みんなが追い求める目的や感動を達成して体感しているのですから。
潜在意識のレベルに到達すると、自分がわかると言いますが、そのとおりでした。
小さな悟り、深い気づきにどんどん至れたのです。

かつての私はどんなに瞑想に励んできても、無駄にした時間だけを過ごしていたようなものです。
これが覚醒しないままダラダラと時間を過ごしていたことを思うと、恐ろしいです。
思えば、心の抑圧だけ中途半端に瞑想で見て、心の底の処理もできないまま、生きづらいまま年をとっていたことでしょう。

瞑想のゴールだと思っていた体感がスタートラインにもなっていない

話を戻しましょう。
脳みその偉大さ・神秘性、潜在意識の奥深さを改めて実感してしまいました。
最初の目的・ゴールだと思っていたことが、実は入り口に過ぎなかったのです!
脳覚醒状態・超瞑想状態は主観的体験のため、この凄さ、喜びをそのまま伝えられないのが悔しいです。

そのため、意味不明なブログになってしまい申し訳ありません。
同じ体験をした人なら、少しは分かってもらえると思います。
みなさんが体験するときに、私が言っている意味がわかるかどうか、楽しみをとっておいてください。

確実に深く入れる方法があるのに実践しない人はもったいない

浅い瞑想状態ですら、なかなか入れず苦闘していた今までの私は何だったんだ?! なんて今は思っていません。
でも、もっともっと深く、別の世界があるということを皆さんにも知って欲しいなと思っています。
だって、もったいないですから。
せっかく心の深淵をのぞこうと頑張ってきたわけですから、後悔しないためにも知って欲しいです。

人生の奥深い歓びの半分以上も味わっていないまま、命を終えていいですか?
まあ、知らなければ知らないで、幸せに生きて人生を終えることができますが・・・瞑想の世界に一歩でも入り込んだ人は、心の中に抱えているものがある人です。
やり始めたのなら、やろうと思っているのならば、もう引き返すことができません。


こちらに超瞑想状態についての体験記があります。
SOMATAさんのブログです。
参考にしてみてください。

この広い世界には想像を超える世界があります
究極の瞑想体感をぜひ皆さんにも味わってもらいたいです。
固定観念が音を立てて崩れるでしょう。

瞑想を超えた超瞑想状態

瞑想に心惹かれ、瞑想の可能性を信じている方への挨拶

瞑想を追求して、各々の目的を達成しようと励んでいる皆さん、はじめまして
シュウという瞑想バカ(潜在意識・無意識追求バカ)です。
医師をやっています。

瞑想に興味を持っている方、瞑想に行き詰まっている方に強く言いたいことがあります。
普通の瞑想をやり続けても、夢や目的を叶えることはできません。
日々をほんのちょっと安楽に暮らせるかどうかといったところでしょう。

ストレス解消ができるかどうか(それも生きる上で重要ですが)が最大限の効果です。
瞑想は決して甘くはなく、理想通りに行くことはめったにありません。
下手にやると自分の抑圧だけを吸い上げてしまって(瞑想の魔境といいます)、精神状況が悪くなったりします。
もしくは、いつまでも変性意識に入れずに、ストレス解消どころかイライラしてしまいます。

だから、瞑想という方法に思い至った人向けに、本当の瞑想のすごさ、従来の瞑想のまずいところを含めて、書いていこうと思っています。

お付き合いください。
せっかくの瞑想に幻滅しないためにも。

瞑想の可能性と限界、理想と現実

meditation

私は世界で人間の精神ほど奥深いものはないと思っています。
深さが何層にも渡って終りが見えないほどです。

精神と脳の可能性は無限大です。
本当に底が見えません。

やるほどに先がある、上があることに気付かされる毎日です。
どんな人間でも瞑想状態になれば、あらゆる可能性の扉が開きます(ただし浅い瞑想状態では意味がない。いい景色を見て、温泉でリラックスしたほうがマシ)

うまくいくと瞑想状態によって、潜在意識、本能との対話、無意識のコントロール、能力覚醒すべてが可能になります。

しかし瞑想状態と言っても、浅い状態からものすごく深い劇的な瞑想状態まであります。
ただのリラックスから、神秘体験、至福感覚、霊的体感、恍惚感、宇宙体験、超感情状態まで、体感の質も違います。

そしていくら時間と情熱をかけても、深い瞑想状態に入れるわけではない(いや、迷走していく可能性のほうが高い)のが悩ましいところです。
脳をコントロールすることの難しさに直面することでしょう。

空前の圧倒的な瞑想の効果体験

私は瞑想を超えた瞑想状態、いわば超瞑想状態(=脳覚醒状態)の真髄を味わいました。
すごいとしか表現できない瞑想体感をしたことから、このブログを立ち上げることにしました。
そして、瞑想で時間をムダにしないためにも、私の失敗談、成功例を参考にしていただければと思います。

人間の脳はすごすぎます。
神秘性があり、脳は宇宙そのものです。
そこからすると、私の医学知識や経験値が幼児のそれに感じます。

これから超瞑想状態、脳覚醒状態の体験の紹介や、瞑想を追求する人向けの手助けになることを目指して記述を頑張ります。

瞑想法をやったからうまくいくとは限らない

瞑想は追求すればするほど無限ですが、先が見えないし現在位置を見失いやすいため、多くの人が道に迷ってしまっています
逆に瞑想をやったから、精神が混迷を深めていく人は山ほどいます。

真理をつかめるのは、知恵も理性も思考もすべてを超えた、第六感の世界、直感の世界に入った時だけです。

私も真理、世の中の流れを感覚的に掴んだことがあります。
その感動、宇宙とこの世の真理すべてを知っているような感覚は、私の存在を非常に高めてくれたと思います。
絶対的感覚、一体感、人生で最高の多幸感、自己肯定感、どんな言葉を持ってしても、その凄さや感動を表現できません。

私はどちらかといえば理性的な人間です。
医学知識もあります。
だからこそ、理性だけでは解決できないことにすごく興味を持っています。
眼に見えない世界にずっと心を惹かれてきました。

特に脳の分野はまだまだ未知の世界です。
本や書物や話では、決して到達できない世界を垣間見ることができたことは、これから先大きな財産となることでしょう。

瞑想で脳のリミットは解除できる

脳は偉大です。ほんとうにほんとうに偉大です。
実は自分の能力の可能性を制限しているのは自分しかいないのです。
その制限を外すのも自分です。

普段感じている日常の体感(喜怒哀楽など)、とは、もう何段階も飛びこえた体感が、あなたを待っているのです。
知らない扉を開くことを勇気を要します。
その勇敢な人だけが味わえる特別な突き抜けた世界がこの世には確実にあるのです。

あなたの脳みその中に必ず存在します。
奇跡はあなたの脳の中以外にはありません

瞑想は多くの可能性があるも威力はない

nouu_001

瞑想で何かを変えたい人、瞑想で壁を感じている人、やれどもやれども効果の実感が得られない人、一人の力では限界を感じている人へ。

下手をすると、瞑想に惹かれたために、時間を大きく潰して、何のために生きているのかさえわからなくなる可能性があります。
中途半端な瞑想は非常に危険です。


そして疑問に思ってください。
今までやってきた瞑想は、果たして心の瞑想状態にたどり着くための心の手段だったのか?と。
願望達成のために最適なツールなのか?
実感や体感がないまま、先に希望はあるのか?

もし一生懸命頑張ってきて、現在も深い瞑想状態に入れていないのならば、この先答えが見つかるなんてことはないと私は思います。
だから、今の瞑想方法を疑ってください。
そこから脳の覚醒、魂の解放、能力開発は始まります。

そんな瞑想法で願望が達成するほど、人生は甘いものではありません。 
プロフィール

シュウ

記事検索
脳覚醒体験、トランス状態関連リンク集
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
医師のブログ


【岩波先生の脳覚醒状態に関係したリンク集を集めてみました。脳覚醒プログラムやトランス状態について参考になると思います。クリックしてください】
















【瞑想やヨガ、座禅など精神的、神秘的なものを追い求めている人に役立つサイトです】





生きがいへ 瞑想、精神世界
記事検索
RSS
  • ライブドアブログ