超瞑想状態の劇的効果を体験した医師の脳覚醒ブログ 世界最強の瞑想誘導家岩波英知体験談

超瞑想体験、トランス状態(脳覚醒状態)の体験記を主に書いている医師(佐藤直樹)のブログです。 瞑想を中途半端にやってしまうととても危険です。 やるからには、超瞑想状態になるまでやらなければいけません。 この世には瞑想状態をはるかに超えた想像を絶する超瞑想状態(覚醒瞑想)があるのを知っていますか? その摩訶不思議で神秘的で衝撃的な体験(至福体験・恍惚体感)をブログに掲載したいと思います。 この超瞑想状態になれば、あらゆる可能性が開けることが実感できます。ホントに。 超瞑想状態や脳覚醒状態をとことん追求していこうというブログ。 建設的に人生の生き様を突き止めていこうというブログにしていきたいです。 岩波先生(希代の鬼才であり脳と潜在意識の魔術師!)の元で、あるいは自力で超瞑想体験を更に深めるべく頑張っています。 本物はある! 瞑想を本当の武器に変えるためにも、中途半端にやらずとことんやりましょう! 超瞑想状態の体験談を募集中。脳外科医佐藤直樹のブログ

瞑想法

世界で圧倒的ナンバーワン 誘導式覚醒瞑想の鬼才岩波英知

images
岩波英知先生の覚醒瞑想法は規格外のモンスター。一度体験すれば、これまで存在している瞑想法の小ささを実感し、瞑想本来のと無限の可能性に驚愕できます。
岩波先生が自信溢れるその理由とは? 世界最強といわれる誘導瞑想技術と称される彼の秘密に迫ります。


岩波英知という人物のジャンル?

岩波英知先生は、瞑想というカテゴリーに当てはめるにはあまりに大きい。

私は瞑想の観点から岩波英知先生のことを書いていますが、規格外のモンスターです。

それは説明してもわからない。

百分しても一度岩波先生の誘導式の覚醒瞑想法を体験したら、瞑想があまりに小さいものだとわかることになります。


岩波英知先生は相当の自信家です。

それは根拠のないものではなく、一瞬にして瞑想の究極のゾーンに誘導できてしまう世界最強の技を生み出したからです。

そして実績があります。

インドに何十回も瞑想の旅を続けた人でも、初回の一日目で圧倒されてしまったというケースはよくあるそうです。

インドに訪問された経営者のブログ(岩波英知の誘導施術の体験者)


まして、この狭い日本でコツコツと瞑想法をやり続けている人にとっては、ありえない衝撃的な体験をするでしょう。


よく岩波英知先生のオフィシャルサイトにせよ、体験談を書いている人にせよ、世界最強、世界最高、世界最先端、世界唯一という形容詞が出てきますが、これすら別次元の存在なのではないかと思うほどです。

なぜそこまでお前は言えるのか? というと、私が身をもって知ったからです。

瞑想は体験と体感が全てです。

本を読んだだけ悟りの道に入ろうとする人がいますが、それでは一生悟れません。

はっきり言えば、子供が瞑想をしたほうが、遥かに効果を発揮するからです。

子供は飽きっぽいので続きませんが、体感の観点から見ると、大人が逆立ちしたって勝てません。



それはさておき、岩波英知先生の絶対覚醒ゾーンに誘導される、覚醒瞑想法は一度は受けてみたほうがいいです。

最大の自信を持っておすすめします。

人生が一瞬の体感によって劇的に変わっていくのがよくわかります。

悩みも氷解していきます。

瞑想が小さく感じてならなくなります。

同時に、瞑想の凄さや可能性も同時に思い知ることになるのです。

世界最強、いや宇宙最強の技術を生み出した、超天才岩波英知先生の今後の活躍を期待しています。


結び

私のこれらの経験から、瞑想の究極のゾーンに至らせてくれる場所は、岩波英知先生がいる場所によってしか到達できない、特異な空間であると断言できます。

岩波先生の覚醒瞑想法は、単に心を落ち着かせるだけではなく、自己の深部への道をこれでもかというぐらい大きく開く鍵であり、その価値は計り知れません。
しかし、この瞑想法が一体どのように働き、どうしてこれほどの効果をもたらすのかは、言葉で説明するのは非常に困難です。

なぜなら、岩波先生がもたらす究極の瞑想状態は言葉以上と想像以上の体験となり、それを理解するためには自分が体験するしかありません(無料ではないのが痛恨の極みですが、高額の価値は確実にあります)

岩波先生の覚醒瞑想法を一度体験すれば、あなたもきっと自分の瞑想の体感が小さなものであると気づくでしょう。

同時に、その可能性の大きさに驚くことになります。

衝撃と驚きと感極まる感覚になっていくはずです。

岩波先生の技術の凄さは、打ち止めがないということです。

初めて受ける体感があまりに低いレベルだとわかっていきます。

それでも瞑想をいくらやっても体験できないものを初めてでも味わえてしまうのがこれまたすごいのですが。

岩波英知先生の技術がこれからどのように進化し、どのようにこの世界を豊かにしていくのか興味があります。

瞑想を必要とする人に最強の誘導瞑想法となるでしょう。

スティーブ・ジョブズも生前にぜひ受けたいととても興味を持っていたほどで、岩波先生の誘導技術を体験した人は、瞑想を探求している人に教えたくなるものです。

反面、威力ありすぎ問題というものがありまして、私たちもただ受ければいいというわけではなく、体と脳が体感の威力について行けるように準備をする必要があります。

結論として、岩波英知先生の覚醒瞑想法を受けることは、私たちの人生に新たな心象風景を生み出してくれ、他ではいくら大金を払っても不可能な特別な体験となるでしょう。

岩波英知先生による超瞑想状態を味わった方の体験記紹介 覚醒瞑想、脳覚醒を体験した方の手記

覚醒瞑想(脳覚醒)瞑想体験記の掲載

今回も覚醒瞑想体験記を寄稿してくださった女性の方の手記を掲載したいと思います。

スピリチュアル・カウンセラーを職業としている方で、その人自身もスピリチュアルや精神世界のプロです。

彼女はずっと精神世界に興味を持ち、その方法として瞑想をやってきたそうです。
アメリカのカリフォルニアなどに修行にでかけたり、インドの聖地を旅し、自分なりに見聞を深めてきました。
お客さんもたくさん増えて、スピリチュアル・カウンセラーとしての商売が軌道に乗っていたものの…いつもどこかで「これでいいのか」と思っていた…そんな話です。






悦子さんの覚醒瞑想の体験記


いつもブログを拝見していました。
シュウさんがおすすめしていた覚醒瞑想(脳覚醒プログラム)を受けてみました。
私に一番足りなかったことが、瞑想の深い体感でした。
それならば私の夢を100%達成させてくれると思ったからです。


私はスピリチュアルな世界で仕事をしてきましたし、カリフォルニアで長期留学をしてきました。
でも、瞑想やマインドフルネスのワークを受けてそれなりの効果を得ましたが、心の何処かでは想像以下といいいますか「こんなものなのかな・・・」という物足りない気分もありました。
これが瞑想状態なのかな、これでいいのかな、という思いでした。
これが本当の瞑想状態というのならば、物足りなかったしガッカリした気分でしたし、もっと違う物があるのではないかという疑問も生まれました。

それでも新しい体験、奇抜な体験を経てきて、私もプロとして独り立ちできるという自信は得ることができました。
お客さんも増え、軌道に乗っていましたが、次第に私自身の好奇心は満たされなくなっていったのです。
お客さんに対して、申し訳ない思いも出始めました。
お客さんの中には非常に感受性の高い方が居て、私を遥かに上回るであろう瞑想状態に入ってしまい、劣等感も持ってしまいました。
非暗示性が高く、自ら自分の世界にぐんぐん入ってしまうお客様を見て、羨ましいとともにプロとの立場としての私が情けなく感じました。


しまいに私でいいのかとお金を取ることが申し訳ない気持ちが強まり、私が瞑想状態を深めるしかないと決意しました。
自信を持って仕事がしたかったからです。
何よりも本物の瞑想を味わいたい!

そしてインドにも修行しに行きました。
成田空港に戻ってきたときには、世界が変わったどころか虚しさを感じていたのです。
カルチャーギャップで環境がガラッと変わって気分が高揚して様々な学びがあったのですが、瞑想状態に関しては伸び率が悪かったです。
「こんなものか」「これでいいのかな」という虚しさも心の何処かに生まれてきました。


そこでシュウさんのブログと出会いました。
お医者さんの瞑想体験記を興味深く拝読し、誘導式の瞑想方法があることを知り、岩波先生というこの世で唯一という存在も教えていただきました。

これで私もやっと本物の瞑想状態に入れるという確信がありました。
まだ受けてもいないのに不思議な感覚でした。

岩波英知先生には電話で私のコンプレックスを洗いざらい話しました。
でも、先生は温かく受け入れていただき、さらに「たった一発でそれまでの瞑想を1万倍超えるよ!」と言われました。
さすがに一万倍は大げさだろうと思いましたが、先生の自信や余裕たっぷりの態度に本物なんだなとさらに確信できました。

初日に岩波先生の表現は大げさではなかったことにびっくり仰天しました。
本当に突き抜けた瞑想状態を味わっている人がたくさんいて信じられない気持ちでしたし、私の見聞してきた瞑想では見たことがない光景ばかりでした。
私はすごく狭い世界で何をやってきたんだろうと思いましたが、私が脳覚醒状態に誘導された時、ありえないことが起きてしまいました。


先生からはいい意味で単純で感受性が高いけれど、一方で防衛本能が強いタイプだから、自分では深い瞑想状態に入れないと言われました。
瞑想の奇跡を信じていながら、実は誰よりも体験することも怖い、というようなことも指摘されました。
先生は私の首を回しただけで言い当ててしまったことにびっくりしましたが、脳覚醒状態に入った時、天地がひっくり返るほどの感動が待っていました!


世界が一変する感覚を味わえてしまいました。
先生からは最初から元を取るなよ、と冗談を言われましたが、超絶な不思議な感覚を100%味わってしまった感動に打ちのめされていた私は何も考えられませんでした。
これが本当の瞑想状態なんだと全身全霊で確信できました。
一万倍なんて表現はまだ抑えめなんだと思えました。

信じられないことが私にも起きたけれど、リラクゼーション的に瞑想を活用していた私の世界観が崩壊しました。
ずっと積み上げてきた私の瞑想観が音を立てて崩れました。

先生のキャラクターもとても気に入りましたし、軽々と(長年の研究と執念の末生み出されたのは重々承知ですが)どんな人でも究極を味あわせてくれる先生がいてくれてよかったです!
私も自信を持って仕事を続けられると思いましたし、逆に仕事をやめようかと思ってもいます。
私は私なりにお客さんの力になれるし、その自負もあるけれど、岩波先生を頼ったら比較にならないぐらい効果が得られるからです。

何回も覚醒瞑想を受けましたが、初回の深さがまったく違う質、まったく違う感覚に進化していくことも特筆すべき事だと思います。
何がどう出るかわからないスリルと興奮があり、私がカリフォルニアやインドで味わった惰性化がありません。
瞑想って「こんなもんか」という諦めの感情が出ることもなく、毎回感動と驚きが更新されていきます。

シュウさんのブログに出会えたことが、私の人生を変えてくれました。
ありがとうございました。

悦子 スピリチュアルカウンセラー





悦子さん、ありがとうございました。

瞑想の世界観が変わる瞬間、私もよくわかります。
瞑想を低いレベルで終わらせることはもったいないことだと思います。
その先があるのに、「これでいいのかな」と思いながら続けることは虚しいことです。
時間がもったいないことです。

本当の瞑想状態は「これでいいのかな」という思いは到来しません。
それこそ人生観がガラッと変わるほどの衝撃と深みがあります。

本当の瞑想状態は絶対感です。
絶対的な感覚に至らなければ、本物とは言えません(リラックスやストレス解消としての瞑想法は否定しませんが)。

シュウ

名外科医が味わった究極の瞑想状態 脳覚醒(覚醒瞑想)体験手記

覚醒瞑想(脳覚醒)を受けた方の話:超瞑想状態と劇的効果の体験記





瞑想という名の健康法 瞑想状態に入れば医師も見放す病気にも奇跡が起きる!?5

photo-1542295848-f489d356a64a

瞑想は健康にいいのか?

瞑想やマインドフルネス、そして呼吸法、またヨガもですが、健康に良いことはイメージが付きやすいと思います。
私も医師の端くれとして、瞑想が健康にどう作用するか述べたいと思います。
私だけじゃなく、多くの医師が呼吸法や瞑想法の健康に対する効果に太鼓判を押しています。

外科医の先生が瞑想呼吸法の効果について、自分の体験から述べられています。



瞑想状態で得られる体感は確かに健康にいい

瞑想状態に入れた人は、ストレスがスーッとなくなっていって、自分もなくなっていく感覚になったことがあるかと思います。
または永遠の脱力感であったり、浮遊感でとにかく気持ちよく、多幸感や至福感、あるいは恍惚感がすごい状態に浸ったこともあるかと思います。


そのどの状態もメンタルヘルスに理想的な状態です。
『病は気から』なのは確かですし、ストレスがどの病気の原因となるものなのは周知の事実ですが、瞑想が一番自分の力でストレスから身をおくことができる方法だと断言していいです。


適度な運動もいい。しかし瞑想はどんな状態の人間にも等しく効果を運んでくる

運動はもちろん必要ですが、運動は時として体に負荷をかけます。
逆効果になることを考えると、瞑想は誰にでも、どんな年齢でも、どんな障害を負っていても、脳さえあればできます。
寝たきりになったとしてもです。

瞑想の健康効果

そして全く動くことなしに、瞑想力によって
免疫機能を上げ、
ストレスを解消させ、
睡眠の質を上げることができるのです。

自律神経の働きが改善され、
また生活習慣病の予防にもなります。

万病の原因ストレス耐性がつく、内的ストレスも解消できる

メンタルヘルスの予防にも最適です(ただしうつ病やひどいトラウマのある人は、瞑想の魔境に入る危険性があるため、自力瞑想はおすすめしません)。


瞑想状態は変性意識状態のことで、その状態に深く入れば入れるほど、潜在意識に秘められた(抑圧された)問題を洗い流すこともできます。
ストレスは外的要因(仕事のプレッシャー、パワハラ上司、夫婦間のいざこざ、金銭問題、病気など)で起きますが、トラウマや心の傷などの内的要因で常にストレスにさらされている状態を除去できるのです。

最高の瞑想状態は、どんな名医もヤブ医者に変えてしまう??

そう書くと大げさに聞こえるかもしれません。
でも、西洋医学では手が届かないところに、瞑想は効果を発揮してくれることがあります。
薬では副作用の心配がありますが、瞑想には瞑想の魔境を除いて副作用はありません。

本当に深い超瞑想状態に入ると、心も体も楽になる体感がありますが、心だけでなく身体もクリーニングされているようなもので、メスを使わない手術、副作用のない強い薬以上の効果を発揮することがあります。

病気を治すというスピリチュアル(怪しげな民間療法)には注意

ただし一つ気をつけなくてはいけないのは、スピリチュアル的なものを使った民間療法です。
がん患者など重い病気にかかって西洋医学では難しい人たちを食い物にします。
頼りたくなる気持ちもわかりますし、病気を治すためのスピリチュアル的な理論は、医師の私から見ても、「なるほどな」と思わせる力があります。

かといって、それで病気が治って健康になる保証はありません。
安易に病気を治す、健康を取り戻す謳い文句のスピリチュアル業者の口車に乗せられないように注意しましょう。

最強の薬となりうる瞑想力の効果

一方、瞑想そのものは無害です(瞑想の魔境も頼れる指導者がいれば問題なし)。
うまく超瞑想状態に覚醒できたら、西洋医学では考えられない効果も発揮するかもしれません。
病気が治るという意味ではなく、ストレスがなくなっていくこと自体、抗不安剤では不可能な領域なのですから。

瞑想は追求しておいて損はありません。
続けられる人はずっと続けてみてください。
ただし瞑想のコツだけは外さずやってください。

身体的、器質的、心因的な部分すべてに、いい効果が現れてくれます。

こちらにも内科医の先生がブログにアップしています


関連のあるカテゴリ一覧(こちらもどうぞ)

停滞する瞑想を一気に覚醒させられる岩波英知の究極誘導瞑想5

images
このブログ記事についての紹介

瞑想の効果が停滞する原因と、その克服方法を探るブログ記事です。

瞑想の進化が止まるのは、効果を無意識に求めてしまうからです。

しかし、求めないで行うことも難しく、またそれが時間の浪費になる可能性もあります。

この記事では脳が求める一線を越えた体験、いわゆるゾーンに入った状態を瞑想で得ることの重要性を述べています。

そのための方法として、覚醒瞑想(脳覚醒)をやられている岩波英知先生の誘導瞑想技術を提案しています。

彼の技術は一瞬で超瞑想状態を達成させ、驚愕の体験をもたらされてしまうのです。

嘘だと思ったら自分体験してみてください。

どの瞑想法でもうまくいかなくなる可能性がある


瞑想には神秘性と自分を大きく変える可能性があるものの、ともすれば惰性に陥り停滞が続きやすいものです。
自分でもある程度の効果の手応えをつかんだ人でも、ある時からパタッと進化が止まってしまうのです。

これは無意識でどこか効果を求めてしまうことが原因ですが、求めたら瞑想は停滞します。

しかし求めないでやることも難しく、あれこれ試行錯誤をしてしまうのです。

この知恵の対策がさらに瞑想をただの時間の浪費にしてしまう可能性があり、一度食べた果実の味を忘れないまま、ダラダラと瞑想を続けてしまいます。

ともすれば雑念にとらわれ、雑念を追い出すことにだけエネルギーを使ってしまい、リラクゼーション効果もえられなくなってしまう危険性もあります。


感じることがおろそかになり、自力で初心に戻ってやろうとしても、あの頃の純粋な気持ちにはなかなか帰れません。

これはどんな瞑想法にも当てはまることです。

そして、瞑想難民が発生します。

しかし、結局は最初は気持ちを新たに取り組めますが、自分の心の中でやはり同じ停滞感を起こしてしまい、元の木阿弥に戻ってしまうのです。


脳は一線を越えた体験を求めている ゾーンに入った脳のすごさ

脳は強烈な刺激を求めています。

人は危険なことに身を投じる生き物ですが、それは脳が求めているからに他なりません。

脳が劇的な活性化した状態を、私たちは生きている実感と呼んでいます。

瞑想も非常にうまくいった人は知っているかもしれませんが、脳が劇的にうごめく状態になります。

ただのリラクゼーションをはるかに越えた非常にダイナミックな状態です。

一流と呼ばれるアスリートや芸術家がよくいうことですが、ゾーンに入った状態です。

とてもダイナミックに脳が動いていながら、それを味わう側はとても冷静で客観的で、全てを見通せる脳です。

脳がある一線を越えると、たとえ危険な状態でも、冷静に対処でき、それでいながら非常に興奮している、究極の中庸状態にはいります。

それを勝負ごとでなくても冒険ごとでなくても、瞑想で味わえるのです。

脳はそれを欲しています。


停滞した瞑想法を一瞬で破壊する方法


しかし普通の瞑想法をダラダラと惰性でやってもゾーンに入った体験はほとんどできません。

求めたらなおさら不可能なことです。

そこが瞑想法を一人でやることの最大の欠点です。

もしもこのまま瞑想をやっても、これ以上の進捗は見られないと思うのでしたら、とっておきのオススメの方法があります。

この瞑想ブログでもしばしば紹介していますが、覚醒瞑想(脳覚醒)をやられている岩波先生の誘導瞑想技術を受けてみることです。

私の知る限り受けた人皆が皆、岩波先生の技術で、一瞬のうちに超瞑想状態を超越しています。

たった一回もしくは1日目で、瞑想の常識の概念を超えた体感ができてしまうのです。

岩波先生は超がつく天才で、脳を劇的に活性化させる方法を思いつき、今では誇張なく世界一の、そして唯一の技術を開発しています。

百聞は一見にしかず、想像を絶した、絶句の感動体験が得られるでしょう。

人間の脳がここまで活性化できるのか、それを一瞬で誘導してくれます。

私たちがやることは数秒だけ先生の指示に素直に従うことで、先生が瞑想魔法にかけてくださいます。

瞑想を究極の状態を知りたい人や、瞑想で人はどこまでいってしまうのだろう?と好奇心がある人はお勧めします。

絶対に損はしません。

未知の体験というドキドキはしょうがないものとして諦めてください。

それさえ乗り越えれば、あなたもゾーンに入った体験ができますし、宇宙の真理に触れた体験や絶対的な気づきの世界に入れます。

どんな超越体験になるかはお楽しみにしてください。



今や多くの経営者や有名人から絶大な支持を得ています。

超越した意識の世界に誘導できる人は世界に人がいないからです。

一般向けが今後なくなるという噂もあり、受けられるのは今しかないかもしれません。


瞑想な停滞感に風穴を開きたい人は是非オススメします。

必ず突破口が大きくひらけます。

脳をクリアにする方法 5

babies-869272__340
脳がクリアにする方法として、第一番に挙げられるのがご存知瞑想です。

逆になぜ脳がクリアになって、頭が冴えなくなるかというと、理性を使いすぎ知恵を使いすぎ、考えすぎて、脳が処理しきれなくなるからです。

外部要因のストレスだけじゃなく、脳が重たい事自体ストレスフルになるので、時間とともに脳のクリアさ、純粋さが損なわれていきます。

誰もが知っている通り、純粋でクリアな脳は子供の脳みそです。

なんにも考えおらず、自由でのびのびしていて、本当に理想の脳です。

大人でも脳が子供時代の脳みそでいる人は、直感力に優れ、自由で羨ましいほどの創造性に富んでいます。




瞑想がうまく行ったときの定義はいろいろありますが、退行状態に入り、本当に自由でき子供の脳になっています。

超変性意識状態とかトランス状態とか言うと、味わったことがない人はぽかーんとするしかないものなのですが、脳がゼロ状態、つまり子供時代の純粋すぎる脳(赤ん坊か子宮に入っている胎児ぐらい)になっているといえば、まだ想像できるかもしれません。

それがとんでもなく心地よく、安らかで、脳が究極にクリアな状態で、これを味わった人はあらゆることから自由になれます。

直感力がマシ、ストレスもなく、いつまでも浸っていきたい幸福感、絶対感、超越感…生まれてきてよかったと心から思えます。

自分の可能性に気づき、何をすべきか気づき、不思議と自分のことを信じきれてしまうのです。

すべてがうまくいくと思えますし、その理由として、自分だからうまく行けると素直に純粋に思えてしまうのです。



逆になぜ自分を信じられないのかは、人生で蓄積された「できない、できないかもしれない」マイナスの経験値にとらわれて、それが思い込みたくないけれど、固定観念として無意識にこびりついているからです。

超瞑想状態に入れば、無駄に大人になりすぎてしまった固定観念にしばられている脳を、子供の純粋な脳に退行させることができ、クリアな脳で自分を再構築できます。

脳をクリアにする方法は、瞑想が一番です。

考えてクリアにしようとしたら、雑念を引き寄せるだけです。

この悪循環を断ち切るには、瞑想、超瞑想状態に入ることが一番です。

大人の経験値に子供の何ものにもとらわれない、超感覚的でクリアな脳を併せ持ったとき、人間はとんでもない能力を発揮できるでしょう。

何よりそんな自分が愛おしくてたまりません。


瞑想や精神世界で時間を浪費しない方法

瞑想や精神世界で有意義な時間を作ろう

heart-2081320_960_720


瞑想などの精神世界(スピリチュアリティ)は、目で見えない不思議なエネルギーを私たちにもたらしてくれます。
しかし、決してオカルトではないのです(中には全く怪しいものもあるので注意)。
目に見えない不思議で神秘的な世界は、私たちの脳内や心の奥深くにあり、そこにアクセスできた時の喜びや感動や安らぎ、至福感といったら経験した人にしかわからないものです。
瞑想を追求していくと、精神が浄化されるような、肉体的な疲労はもちろんストレスがスーッとなくなっていき、パワーが内側から漲っていきます。
眠った以上に快眠で(しかも意識があり、永遠のくつろぎにひたりながら・・・)、瞑想の効果は本当にすごいです。

瞑想や精神世界は求めたら効果が逃げてしまう


そこまですごい瞑想だから、多くの人が様々な方法で変性意識状態とか瞑想状態に入ろうとします。
しかし、残念ながらほとんどの人が絶対領域の世界には達することができていません。
ストレス解消であったり、脳がスッキリするレベルの効果なら、多くの人が味わっていますが、どんな人でも「求めたら効果が消滅していく」法則に苦しんでいるようです。
なぜ人間の脳は『求めたら求められない』法則を持っているのでしょうか?
努力したらそれだけの見返りがあってもいいはずなのに、精神世界(脳や潜在意識など)はその努力が仇になってしまいます。

捨てよう、すべてを投げ出そう、どうでもいいじゃないか


私もこの法則には苦しめられました。
時間だけが無駄に過ぎていき、その焦りがさらに求める心を作ってしまったのです。
どんなに努力しても効果が出ないことは、私の人生にあまりないことでした。
勉強だったら学習量の分だけ成績は上がってくれますし、その結果医学部に合格し、国家試験にも受かりました。
しかし瞑想などの精神世界だけは、思い通りにいかない。
思い通りに行ったと思ったら、心と脳が勝手に同じことを追い求めてしまって、雑念が多くなっていったのです。
イライラしたり、落ち着かなくなったり、無理に頑張って深い瞑想状態や変性意識状態に入ろうとして、ますます脳が理性的になってしまい、頭が重くなっていきました。
瞑想が今度は私を苦しめることになりました。
ただし日課になっていたので、苦行をしていて、何のために瞑想を続けていたのかわけがわからなくなった時期がありました。

深い瞑想状態に入るコツ 悟ることの絶対条件


深い瞑想状態に入るためには「捨てること」。それだけです。
捨てることが何よりも難しいのですが、どんだけ努力をしても効果が出ないのならば、いっそのこと捨ててみて下さい。
その無駄足を沢山踏んでいる人のほうが、捨てやすいはずです。
なにせあれだけの時間をかけて瞑想を続け、精神世界を追求してきたのだから、求めたらどんな事になっているのかよく体験でわかっているはずです。
捨てた時、人はスーッとすべての力が芯から緩んでいきます。
この緩みが、予期せず(ここが重要なところです!)深い瞑想状態に入れ、そのまま求めずただ感じるだけで、更に別次元の深さに達します。
そして、人は潜在意識、脳が覚醒し、魂までも覚醒していきます。
悟りが開ける状態はこの深さに達しないと難しいでしょう。

捨てることが難しい人、時間をかけられない人は岩波英知さんに頼るべき


しかし捨てる心境まで行くことはなかなか大変です。
一瞬捨てられる心境になっても、明日はスケベ心満々で求めてしまうのが人間なのですから・・・・。
時間を相当かかるでしょうし、その心境になる保証もありません。
なので、時間がない人やこれ以上無駄足を踏みたくない人は、岩波先生の施術で、一挙に別次元の脳覚醒状態(変性意識の頂点の深さ)に入ってみて下さい。
誰でも入れるので大丈夫です。
岩波先生の技術は世界で一つしかないもので、この超瞑想状態のすごさや感動は言葉で語れません。
別に人に頼ることは恥ずかしいことではありません。
この脳覚醒状態を全身で体感したら、呼吸法を駆使することで、いつでも誰よりも深い瞑想状態に入れます。
(ただしここでも求めない心でやって下さい)
この時からあなたの脳は、誰もが経験したことがない深い意識の世界を味わっているので、特に求めないように呼吸法をやるだけで、勝手に脳が呼吸法に反応してくれて、一人でも超絶に深すぎるとしか言えない変性意識に入れます。
これ以上の理想の瞑想法はないと私の経験から断言できることです。


関連記事

覚醒瞑想状態の効果と凄味

超瞑想状態になるコツと秘訣

究極の瞑想状態になる方法とそのカリスマ鬼才

覚醒瞑想




なぜ瞑想がさっぱりな私でも深い瞑想状態に入れるようになったのか?【岩波英知の誘導瞑想技術口コミ体験記】

瞑想が駄目だった医師が瞑想が得意になった方法

深い瞑想を味わえるようになった

私は未熟者ですが、それでもはるかに次元の違う瞑想状態を同じ志を持つ仲間よりも体感できています。

不世出の鬼才と私が思う岩波英知先生が誘導してくれる瞑想状態(いわゆるトランス状態)と、自分で作り上げる瞑想状態がありますが、岩波先生誘導のトランスのすさまじさは、体験した人がたくさんの驚きと感動の手記を発表しているので、そちらにもお任せしたいと思います。
(オフィシャルにも覚醒瞑想状態の体験談が書かれてあります)
私も折があれば書いていきたいと思っています。

瞑想が急に深まった理由


なぜ私は、ずっと別の所で瞑想や座禅、内観、自律訓練法をやっても、なかなか変性意識が上達しなかったか?
それは雑念や様々な自意識に邪魔されて、それに振り回されていたからです。

では、なぜそんな私でも深い瞑想を自力で作り上げられたか?
人間技ではない技術を開発した岩波先生が脳の条件付けをしてくれたから、そのすごい体験を脳から引っ張り出すことさえすれば、よくなったからです。
まあ、引っ張り出すと言っても、これもコツがあるのですが・・・・トランス呼吸法やイメージの力とかですね。


岩波先生誘導のトランス状態を私の脳が体験することで(衝撃と感動、言ってみれば「凄み」)、次から私が呼吸法や想像に浸ることで、簡単に瞑想の回路が開いてくれるようになりました。
第二次世界大戦のアメリカ軍の対日戦略じゃないですが、飛び石作戦みたいなものです。

コツコツ瞑想をやってもたった一日で深さを更新してしまった衝撃

私のチャレンジしてきた瞑想法は、どれも一歩一歩進んでいくものです。
私のような人間は、やっと5歩進んでいても、性格や取り組みのまずさもあって、3歩後退してしまうのです。

後退のまずさを知ってしまうと、焦りが生じてしまって、遅れを取り戻そうとしてしまいました。
そうすると一進一退の攻防が続いて疲労だけが残ります。

私の知人友人仲間に聞いても、みなさん同じような体験をしていました。

そして中途半端に自分の心を覗いてしまうと、押さえつけていた悪い感情が出てきてしまし、しかもそれを処理できない最悪な状況になる可能性もあります。
ただリラックス状態に浸れればいいけれど、そういう瞑想の危険性もあります。
特に、瞑想を頑張ろうとする人は、心に抱えるものがある人が多いので気をつけなくては取り返しがつかなくなります。
それで向精神薬に依存するようになったら、何のための瞑想かわからなくなりますよね。

深い瞑想状態を味わえたらこちらのもの

脳の条件付けについて書きましたが、脳は一度体験したものを、いつまでも覚えている、ということです。
その性質を逆利用したのが、岩波先生の技術だと思います。

先生の瞑想誘導法は、最近どんどん進化していて、「え、なんでそれで?」と思えるぐらいすごいものです。
なぜ単純なこんなことで、人は一瞬に夢をみるのか? 別の世界にいってしまうのか?(すぐ戻れますのでご安心を)
おそらく技術は進化するほど、単純化していく、ということでしょう。
ピカソが、子供でもかけるような抽象画に到達したかの如く、ですね。


その岩波英知先生の条件付けを、私の脳が覚えてくれていることで、私は次から簡単に(というと語弊もありますが)深い瞑想トランス状態に入れるようになるわけです。
だから、飛び石作戦のように、後退することなく、ぽんぽんと上達していきました。

瞑想はすごいといえども効果のない瞑想をやってはいけない

加算の瞑想法をやっていた私が、積算の瞑想法(もしかすると二乗の瞑想法か?)をやったことで、私自身でも驚くほど深い心地よい瞑想状態に浸りきることができるようになりました。


加算の瞑想法をやっていると、脳がなかなかインパクトを感じてくれません。
脳の原始的な本能部分までおそらく届いていないのです。

だから、いつまでたっても私のような非達人は、脳が進化せず同じ所をグルグル回ってしまうだけなのでした。
人によって、もう引き返せない状況で、悪い感情だけを味わう危険性もあります。

岩波先生の人柄や理念が究極の技術を生み出せた

最後に書いておきたいことは、岩波先生は特殊な能力(超能力など)を持っているわけではないということ。
超魔術とか気功とかのたぐいではありません。
長年の研鑽と勘とデータとノウハウで、人の脳を変化させる方法を掴んでいます。

脳科学者のように理論だけの世界ではなく、かといって、超能力系でもなく、人の脳の動きにのっとって、実際にすごいすごい特殊な脳と潜在意識の世界を味あわせてくれます。
私自身、超能力、オカルトや変な宗教には興味がありません。
密教や座禅、ヨガの本を読んだりしますが、かといって信者でもありません。

また医師という職業柄、原因があるから結果がある、という考えの持ち主です。
逆に言えば、結果があるからにはその原因があると思って生きています。

しかし、脳の世界だけはどんなに研究しても、まだまだ理解が及んでいません。
だからこそ、私達人間の可能性は、脳にしかないと思っています。

だから、ずっと私は瞑想を通して、それを突き詰めたいと思っていました。
その究極系が岩波先生のもっている技術ノウハウだと思います。

瞑想を超えた超瞑想状態

瞑想に心惹かれ、瞑想の可能性を信じている方への挨拶

瞑想を追求して、各々の目的を達成しようと励んでいる皆さん、はじめまして
シュウという瞑想バカ(潜在意識・無意識追求バカ)です。
医師をやっています。

瞑想に興味を持っている方、瞑想に行き詰まっている方に強く言いたいことがあります。
普通の瞑想をやり続けても、夢や目的を叶えることはできません。
日々をほんのちょっと安楽に暮らせるかどうかといったところでしょう。

ストレス解消ができるかどうか(それも生きる上で重要ですが)が最大限の効果です。
瞑想は決して甘くはなく、理想通りに行くことはめったにありません。
下手にやると自分の抑圧だけを吸い上げてしまって(瞑想の魔境といいます)、精神状況が悪くなったりします。
もしくは、いつまでも変性意識に入れずに、ストレス解消どころかイライラしてしまいます。

だから、瞑想という方法に思い至った人向けに、本当の瞑想のすごさ、従来の瞑想のまずいところを含めて、書いていこうと思っています。

お付き合いください。
せっかくの瞑想に幻滅しないためにも。

瞑想の可能性と限界、理想と現実

meditation

私は世界で人間の精神ほど奥深いものはないと思っています。
深さが何層にも渡って終りが見えないほどです。

精神と脳の可能性は無限大です。
本当に底が見えません。

やるほどに先がある、上があることに気付かされる毎日です。
どんな人間でも瞑想状態になれば、あらゆる可能性の扉が開きます(ただし浅い瞑想状態では意味がない。いい景色を見て、温泉でリラックスしたほうがマシ)

うまくいくと瞑想状態によって、潜在意識、本能との対話、無意識のコントロール、能力覚醒すべてが可能になります。

しかし瞑想状態と言っても、浅い状態からものすごく深い劇的な瞑想状態まであります。
ただのリラックスから、神秘体験、至福感覚、霊的体感、恍惚感、宇宙体験、超感情状態まで、体感の質も違います。

そしていくら時間と情熱をかけても、深い瞑想状態に入れるわけではない(いや、迷走していく可能性のほうが高い)のが悩ましいところです。
脳をコントロールすることの難しさに直面することでしょう。

空前の圧倒的な瞑想の効果体験

私は瞑想を超えた瞑想状態、いわば超瞑想状態(=脳覚醒状態)の真髄を味わいました。
すごいとしか表現できない瞑想体感をしたことから、このブログを立ち上げることにしました。
そして、瞑想で時間をムダにしないためにも、私の失敗談、成功例を参考にしていただければと思います。

人間の脳はすごすぎます。
神秘性があり、脳は宇宙そのものです。
そこからすると、私の医学知識や経験値が幼児のそれに感じます。

これから超瞑想状態、脳覚醒状態の体験の紹介や、瞑想を追求する人向けの手助けになることを目指して記述を頑張ります。

瞑想法をやったからうまくいくとは限らない

瞑想は追求すればするほど無限ですが、先が見えないし現在位置を見失いやすいため、多くの人が道に迷ってしまっています
逆に瞑想をやったから、精神が混迷を深めていく人は山ほどいます。

真理をつかめるのは、知恵も理性も思考もすべてを超えた、第六感の世界、直感の世界に入った時だけです。

私も真理、世の中の流れを感覚的に掴んだことがあります。
その感動、宇宙とこの世の真理すべてを知っているような感覚は、私の存在を非常に高めてくれたと思います。
絶対的感覚、一体感、人生で最高の多幸感、自己肯定感、どんな言葉を持ってしても、その凄さや感動を表現できません。

私はどちらかといえば理性的な人間です。
医学知識もあります。
だからこそ、理性だけでは解決できないことにすごく興味を持っています。
眼に見えない世界にずっと心を惹かれてきました。

特に脳の分野はまだまだ未知の世界です。
本や書物や話では、決して到達できない世界を垣間見ることができたことは、これから先大きな財産となることでしょう。

瞑想で脳のリミットは解除できる

脳は偉大です。ほんとうにほんとうに偉大です。
実は自分の能力の可能性を制限しているのは自分しかいないのです。
その制限を外すのも自分です。

普段感じている日常の体感(喜怒哀楽など)、とは、もう何段階も飛びこえた体感が、あなたを待っているのです。
知らない扉を開くことを勇気を要します。
その勇敢な人だけが味わえる特別な突き抜けた世界がこの世には確実にあるのです。

あなたの脳みその中に必ず存在します。
奇跡はあなたの脳の中以外にはありません

瞑想は多くの可能性があるも威力はない

nouu_001

瞑想で何かを変えたい人、瞑想で壁を感じている人、やれどもやれども効果の実感が得られない人、一人の力では限界を感じている人へ。

下手をすると、瞑想に惹かれたために、時間を大きく潰して、何のために生きているのかさえわからなくなる可能性があります。
中途半端な瞑想は非常に危険です。


そして疑問に思ってください。
今までやってきた瞑想は、果たして心の瞑想状態にたどり着くための心の手段だったのか?と。
願望達成のために最適なツールなのか?
実感や体感がないまま、先に希望はあるのか?

もし一生懸命頑張ってきて、現在も深い瞑想状態に入れていないのならば、この先答えが見つかるなんてことはないと私は思います。
だから、今の瞑想方法を疑ってください。
そこから脳の覚醒、魂の解放、能力開発は始まります。

そんな瞑想法で願望が達成するほど、人生は甘いものではありません。 
プロフィール

シュウ

記事検索
脳覚醒体験、トランス状態関連リンク集
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
医師のブログ


【岩波先生の脳覚醒状態に関係したリンク集を集めてみました。脳覚醒プログラムやトランス状態について参考になると思います。クリックしてください】
















【瞑想やヨガ、座禅など精神的、神秘的なものを追い求めている人に役立つサイトです】





生きがいへ 瞑想、精神世界
記事検索
RSS
  • ライブドアブログ